GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

ビッグシェルターの中ですべて完結! サンドカラーにこだわる圧巻の一体感。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • ビッグシェルターの中ですべて完結! サンドカラーにこだわる圧巻の一体感。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • リビングのイスはカーミットチェアで統一。4脚中2脚はレギュラータイプで、もう2脚はハイバックタイプ。ハイバックタイプのみ、手すりにオールドマウンテンのヒジラクオイル仕上げを装備させ快適さを向上。
  • ソロストーブのレンジャーにヨカのグリルをセットして調理する。
  • ミニマルワークスのマンゴーステーションプラスは、最大10人まで収容できる半球体状の特大シェルター。広い出入り口とメッシュ生地を配した二重生地構造で夏場でも快適に過ごすことができる。
  • メインテーブルはブラックデザインのハレテーブルを使っており、隣に同ブランドのアイアンプレートを設置。ヘキサテーブルと同じ高さでモノの移動が楽チン。
  • キッチンラックはブラックデザインのアイランラックハヅキ。フレームとウッドプレート2枚がセットになっており、一番上の天板はマガジンラックを広げて使用する新発想だ。
  • スノーピークのガビングスタンドの脚を活用し、生地をバリスティクスの着せ替えジャケットに変更している。
  • 調理場にはTheArthのしま次郎を使用。美しい木目の天板が特徴で、組み立てのしやすさとすべて板状にバラしコンパクトになる収納力も◎。ダイニングはバーナー置き場としてアナキャンのメタヘキテLを設置。

OWNER:新井康彦さん、瀬那くん

注目のアウトドアブランド、ミニマルワークスの大型シェルターを使う新井さん。このマンゴーステーションプラスは、同ブランドのフラッグシップモデルと位置付ける渾身作。両サイドにウレタン窓を設けたり、プライバシーを保護するウレタンカーテンを配したりなど、細かいところにも目が行き届いているのが好ポイントだ。このタンカラーは昨年に発売したもので、クルマのボディカラーと相性がよく即購入を決意したそう。

シェルター中には、今をときめくガレージブランドのアイテムがずらりと展開。今では入手困難なアイテムもちらほらと見られ、ギア探しのアンテナの高さが伺える。サイト内のギアもベージュやサンドなどテントやクルマと同じ色でガッチリ統一。

テーブルは木目の美しさや2色使いの天板など、見た目のデザイン性を重視し、さっぱりしがちな空間に華を添える。色の合わせ方しかり、シェルターの広さを生かしたレイアウトしかり、参考になる。

SPEC

  • シェルター:ミニマルワークス/マンゴーステーション プラス
  • テーブル:ブラックデザイン/ハレテーブル、TheArth/しま次郎
  • イス:カーミットチェア
  • 焚き火台:ソロストーブ
  • ランタン:ベアボーンズリビング/ビーコンライトLED
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ45
  • ジャグ:ディーライト/アイスバケツ

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout