GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-

  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のアイテムが勢ぞろいする、最新スタイル。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNER:よしさん/trajiさん/はなさん

〈ヒルバーグ〉アルタイの限定タンカラー、〈モンベル〉のテーブル、〈ニーモ・イクイップメント〉チェア、<ムラコ>の焚き火台など、毎年続々と発売されるギアの中でも、特に注目されていたアイテムがずらりと並ぶ。それでもミーハー感が少ないのは、アイテムの機能性を最大限に活かしたレイアウトを展開しているからだろう。

12人が座れるという広い室内のアルタイは夜のリビングとして使うことから、あえてタープは張らずに、イギリスのヴィンテージコットで青空リビングをくつろぐ。その分気持ちのいい日中はスターゲイズで昼寝を楽しむ。陣幕でプライベート感を出しているのも見どころだ。

またテーブルは高さが変えられるものを選び、子どもの背丈に合わせてシーン別に調整するなど、外遊びを満喫する道具選びがウマイ!

〈ハングアウト〉の ログキャリーは、こちらもステンレス天板を採用した新モデル。焚き火で調理したダッヂオーブンやケトルをそのまま置くことができて便利。従来のウッドの天板とで使い分けることも可能だ。

Photo/Taizo Shukuri
Edit/Yasuo Sato

SPEC

  • テント:ヒルバーグ/アルタイXP、アラッ ク3
  • テーブル:プリムス/アジャスタブルテーブル、モンベル/マルチフォールディングテーブル、TheArth /シマ次郎
  • チェア:ヘリノックス /スイベルチェア、カーミットチェア、ニーモ・イクイップメント/スターゲイズリクライナー
  • ランタン:ティリー/ガーズマン
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ
  • 焚き火台:ムラコ/サテライトファイヤーベース
  • バーナー:イワタニ/カセットフー マーベラス

オススメアイテム

その他のGO OUT CAMP vol.15

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout