GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-

  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-
  • アーバンな色使いのワンポールテントで秋キャンプ仕様に。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNER:epitaphさん/リオナさん

グレーを基調にしたテントサイトは、〈ネイタルデザイン〉のトリコロール柄をポイントに取り入れたアーバンな印象。<テンティピ>のオニキス7ライトはお馴染みのコットン素材ではなく軽量化に特化したナイロンをチョイス。直径4.5m、高さ2.7mと4人家族が十分くつろげる広さで、天井のベンチレーションやメッシュドアが付く。夜はストーブをインストールでき、暖かな空間を確保しつつ、日中は風通しが良いので涼しく過ごせる優れモノ!

室内の置かれたコットは〈バイヤーオブメイン〉のカタディンコットや台湾発の<ブラックレーベル>のテーブルのほか、ヴィンテージのランタンがズラリ!

<MSR>のパラウィングタープを連結したリビングは、ウッドファニチャーで統一。〈ヨカ〉と〈シカク〉がコラボしたランドリーボックスをゴミ箱に、収納は〈カウブックス〉のウッドボックスを使用。〈バイヤーオブメイン〉のパンジーンフォールディングテーブルに、〈ネイタルデザイン〉と〈バリスティクス〉のギアコンテナをセット。クーラーボックスの台も〈ハイランダー〉のウッド製と徹底してテイストを統一。

Photo/Taizo Shukuri

SPEC

  • テント:テンティピ/オニキス7 ライト
  • タープ:MSR/19ft パラウィング
  • チェア:カーミットチェア/ネイタルデザイン別注、ヘリノックス/チェアワン別注、ネイタルデザイン/EIスツール
  • テーブル:ブラックデザイン/ハコブネ、ハレテーブル
  • ランタン:ジェントス /エクスプローラ、ゲニオール/HK250/プリムス/IP-200LA、IP-100LA、コールマン/242C、ケーラー/209
  • クーラーボックス:イエティ/ローディ
  • ジャグ:アムパム
  • バーナー:スノーピーク/フラットバーナー

オススメアイテム

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル