GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-

  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 家族5人分、これで完結。使い勝手のいいシェルター。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNER:あーやファミリーさん

シェルター内に小型のテントを収めたカンガルースタイルは、プライベート空間を保ち、寒さ対策も兼ねられる大人気のレイアウト。〈オガワ〉のツインピルツフォークブラックは、〈カナディアンイースト〉とのコラボモデルで、広々としたスペースはもちろん、寒暖差や天候の変化にも対応できる万能選手だ。

広島のインテリアショップ『ディコトミック』オリジナルのF字クランプ(脚パーツ)を使ってテーブルをメイク。チェ アはブラックの座面で統一し、テントとのカラーを合わせた。

アイアンラックにホームセンターで買って塗装した天板を置いたキッチンラックや自作の風除け&ジャグスタンド、鉄杭をゴールドに塗装したハンガーといったDIYに、インスタブランドの<k&R>のログキャリー兼薪置き、蚤の市で見つけた古いトランク、東京の雑貨屋『エフィム』で購入した投光器などを組み合わせた、センス溢れるコーディネートが光る!

Photo/Taizo Shukuri

SPEC

  • テント:ザ・ノース・フェイス/モライン 33
  • シェルター:オガワ×カナディアンイースト/ツインピルツフォークブラック
  • テーブル:自作
  • チェア:カーミットチェア、キャプテンスタッグ/アルミ背付きベンチ
  • ランタン:モスキーランタン、コールマン/ルミエールランタン、クイックランプ、マイナーランプ
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ
  • 焚き火台:ペトロマックス/ファイヤーボウル
  • バーナー:コベア/キューブ
  • ジャグ/ミンテージ

オススメアイテム

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル