GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-

  • 小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 小さいながらも快適な、オールインワンのワンポールテント。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNER:岩下裕人さん/寛子さん

〈サバティカル〉のテント、モーニンググローリーに、リビング・キッチン・寝室とすべてを集約。こちらは2 ~4人の使用を想定したシェルターで、メインポールのほか、3本のサブポールで室内空間を拡大。これに別売りのインナーをセット。夫婦で広々と使うにはぴったりのサイズだとか。

室内には、〈スノーピーク〉のローチェア30と〈アウトプットライフ〉のテーブルを配し、〈ベアボーンズリビング〉のエジソンストリングライトを照明に。

強い火力と風防が付き、調理がひとつで賄える〈スノーピーク〉のヤエンストーブナギ、設営や後片付けがラクで、タフネスにも定評のある〈コールマン〉のファイアーボウルなど質実剛健なアイテムは、「あまりギアを多く持ち込まない」という岩下ご夫妻にマスト!

お馴染み『コーナン』の3段ウッドラックや〈ソー〉のコンテナ、バスケットとそのまま配置しても絵になる収納アイテム選びも秀逸で、定番ブランドの中に、さり気なくレアなギアをプラスするサイト作りは、キャンプビギナーでも参考にできそう。

Photo/Taizo Shukuri
Edit/Yasuo Sato

SPEC

  • シェルター:サバティカル/モーニンググローリー
  • チェア:スノーピーク/ローチェ ア30
  • テーブル:アウトプットライフ/ウッドロールトップテーブル
  • ランタン:コー ルマン/286A、スノーピーク/ノクターン、 ベアボーンズリビング/エジソンストリングラ イト
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ
  • 焚き火台:コールマン/ファイヤー ディスク
  • ジャグ:スタンレー/ウォーター ジャグ
  • バーナー:スノーピーク/ヤエンストーブナギ
  • ストーブ:スノーピーク×トヨトミ:レインボーストーブ

オススメアイテム

その他のGO OUT CAMP vol.15

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout