GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-

  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ひと目でギア好きがわかる玄人ドームキャンパー。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNER:絹谷さん/上野さん/仲佐さん

サンドやODのテントが多くを占める中、一際目立っていたのがイエローで統一されたこちらのサイト。日本では数張しかないと言われる〈ザ・ノース・フェイス〈のドーム8に加え、希少なバスティオン4の旧カラーも2幕設営!

<MSR>のタープ下をのぞけばコレクター垂涎の〈コールマン>のゴールドボンドカラーのジャグや200Aランタンなどがあちこちに! 1971 ~ ’73年の間しか作られな かったため、玉数が少なく希少価値の高いのだ。他にも<POD>のストーブや〈プリムス〉の2バーナー P251など貴重なギアが目白押し。

〈テンマクデザイン〉のワークラックをキッチンラックに仕立ててホリデーインザマウンテン> のボックスを引き出しにしたり、脚を黒く塗装した〈スノーピーク〉のマイテーブルには〈マックアウトドア〉の収納 を取り付けるなど、小慣れた工夫も多く見受けられ る。ただのギアマニアに留まらず、 キャンプ中の快適さも追及された、 アウトドアの達人とも言える完成度。

Photo/Taizo Shukuri

SPEC

  • テント:ザ・ノース・フェイス/バスティオ ン、ドーム8
  • テント:ザ・ノース・フェイス/バスティオ ン、ドーム8
  • テーブル:バイヤーオ ブメイン/ロールトップテーブル、スノーピー ク/マイテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • ランタン:コールマン/200A、ス ノーピーク/ほおずき
  • クーラーボックス: コールマン/ヴィンテージ
  • コット:ワイルドワン/アルミGI コット
  • ジャグ:コールマン/ヴィンテージ
  • バーナー:コールマ ン/413G、スピードマスター500

オススメアイテム

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル