GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-

  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-
  • 話題のタンカラーとヴィンテージギアのミックステイスト。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNERたけしさん/ゆいさん

2019年に発売されたばかりで限定15張という希少な<ヒルバーグ>のアルタイを寝室に、リビングに設営したタープは、テントと同じシルナイロン素材を採用した軽量モデルかつ近年主流のタンカラーとし、まさに最先端のギアが揃う。

『ブリッキングUK』で購入したテーブルには〈チリングキャンピープス〉のチェアと合わせてハイスタイルに仕上げている。これにキッチン道具置きとして〈キャンプマニアプロダクツ〉の小さめサイズのSTOテーブルを、サイドテーブルには高さが理想的な〈バイヤーオブメイン〉のパンジーンフォールディングテーブルを備えて動線を考慮したレイアウトに。

〈スタンレー〉の軍モノ用ジャグや〈コールマン〉製の火器類などはすべてヴィンテージで、最先端のアイテムとこれらが上手にミックスされているのは、愛車のクラシックレンジ(’92年レンジローバー)のおかげ。レトロなボディデザイン&カラーは、ヴィンテージ品とも相性バツグンで、このクルマの存在が新旧ギアを違和感なく共存させて見せているのだろう。

Photo/Taizo Shukuri
Edit/Yasuo Sato

SPEC

  • シェルター:ヒルバーグ/アルタイXP
  • タープ:ローカスギア/デュオシル
  • チェア:チリングキャンピープス/チリンズローバーチェア
  • テーブル:ヴィンテージ、バイヤーオブメイン/パンジーンフォールディングテーブル
  • ランタン:コールマン/LQ427、242B、200A
  • クーラーボックス:コールマン/ヴィンテージ
  • ジャグ:スタンレー/軍モノ
  • バーナー:コールマン/502、ピークワン、七輪本舗/ちびちびしちりん
  • コット:クオルツ/ライトビームコット

オススメアイテム

その他のGO OUT CAMP vol.15

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout