GO OUT CAMP vol.15

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて毎年秋に行われる大型キャンプイベント「GO OUT CAMP」。15回目となる今回は、天候に恵まれ、全国から集まったキャンパーたちで盛り上がりを見せた。朝晩の冷え込みも厳しくなった秋冬の最新キャンプスタイルをお届けします。

ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-

  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-
  • ミリタリーとウッド、組み合わせの妙を楽しむ。-GO OUT CAMP vol.15-

OWNER:観音さん/micaさん/suzuちゃん/harutoくん/arataくん

実物の軍モノは男心をくすぐられる。極寒地対応のハイスペックなECWT(エクストリームコールドウェザーテント)は、〈ヨーレイカ〉が生産しており、前期は〈ザ・ノース・フェイス〉が担っていた。ウッドランド迷彩はカジュアルさもあるパターンのため、無骨になりすぎないのも取り入れやすいポイントだ。タープも幕男のグリーンで統一感を出している。

その一方で、リビングやダイニングは、〈カーミットチェア〉や〈ブルーリッジチェアワークス>、50年代のヴィンテージアイロン台など、ウッドファニチャーを多用して木のぬくもりがミリタリーの重苦しい雰囲気を中和している。

夫婦揃ってヴィンテージハーレー乗りで、愛車も〈ダッヂ〉バンとアメリカン&モーターサイクルカルチャーを感じさせるアイテムも! ジャグにしているオイル缶もサインペインターにカスタムしてもらったそう。

〈ネイバーフッド〉×〈ヘリノッ クス〉のコットや〈ステューシー〉と〈コールマン〉コラボのベンチなどでファッション要素もプラス。絶妙なバランスの取り方がお手本になる。

Photo/Taizo Shukuri
Edit/Yasuo Sato

SPEC

  • テント:ヨーレイカ/ECWT
  • テント:ヨーレイカ/ECWT
  • テーブル:ブルーリッジチェアワークス/ボイジャーテーブル、キャンプマニアファクトリー/STグリルスタンド
  • テーブル:ブルーリッジチェアワークス/ボイジャーテーブル、キャンプマニアファクトリー/STグリルスタンド
  • ランタン:コールマン/ 200D、ノスタルジア
  • クーラーボックス:アイスランドクーラー
  • 焚き火台:スノーピーク/焚き火台 M、アイアンクラフト/イザナミハーフ
  • ジャグ:マルキジオ/オイルドラム
  • バーナー:プリムス/オンジャ

オススメアイテム

その他のGO OUT CAMP vol.15

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout