おしゃれアウトドア的マイホームSTYLE

日々の生活と、大好きな外遊びの拠点となるマイホーム。今回はそんな「マイライフ」の基地としての「マイホーム」を具現化しているオーナーさんたちをレポート! アウトドアと日々の生活が日常に折り重なる、素敵なオーナーたちをご紹介!

中山 健さん(会社員)

  • 中山 健さん(会社員)
  • ダイニングキッチンは奥様のこだわりが詰まったスペース。広さを確保するためL字に備え付けられ、オールステンレス素材のレンジフードがポイント。
  • リビングの扉を開けると廊下が広がり、その廊下突き当たりに取り付けられたラックが目に飛び込んでくる。本来は本棚として使う予定だったためオープンな作り。雑誌やキャンプ道具、趣味で集めている帽子のコレクションを無造作に配置した。
  • リビング上に作られたロフトは、まるで秘密基地のような空間。キャンプギアやテレビを置き、子どもの遊び場としているそう。また、梅雨の時期はデイジーチェーンを駆使し、洗濯物を干しているとか。
  • リビングに入り真っ先に目にするのが、夫婦のこだわりが詰まったヘリンボーンの壁。素材にレッドシダーを使っている。少し奥行があるので、夜は間接照明で雰囲気良く浮き上がるのがお気に入り。
  • 家の造りがめずらしい中山さん宅。 キッチンを挟んだ廊下の奥が奥まっていて、収納を作った。使用頻度が比較的低い日用品を置きつつ、好きなブランドのネームタグやデザインが気に入ったポストカードを壁に貼り、インテリアへと昇華させた。

キャンプの延長で日常を送る。将来を見据えた平屋の一戸建。

現在、2人の子どもと4人で暮らす中山さん宅。注文住宅で建てたこの家は、将来を見据え平屋にこだわったと話す。「将来夫婦2人暮らしになった場合を考え、高低差の少ない平屋は譲れませんでした」。室内を覗くと、LDKは一面板張りで造られ、ウッドの温もりに溢れた内装が特徴的だが、これも外せない条件だった。

「10年近く前からキャンプが趣味でしたが、最近は特にかっこいいギアが増えてきて。せっかくギアを新調するなら自宅内でも使えるものを選び、インテリアの一部にしようと。キャンプギアに合わせ、木をふんだんに使った内装もこだわりです」。

近くに住む両親と一緒に野菜を作っているという中山さん。これからの季節はナスやトマト、スイカまで収穫できる。1年を通して野菜はほとんど購入せず、季節の野菜を取り入れた料理を楽しんでいるのも、庭が確保できる一戸建ならではの魅力だ。

Photo/Syahoojin

SPEC

  • エリア:岐阜県
  • 間取り:4LDK
  • 住宅形態:平屋
  • 住居年数:約3年
  • 築年数:約3年

その他のLivin'

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル