GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6

2019.5.31〜6.2@福島県 天神浜オートキャンプ場
猪苗代湖畔にて開催されるGO OUT主催のキャンプイベント。ビーチが広がる猪苗代湖畔では、他では見られないユニークなキャンプスタイルが展開される。D.I.Y.やヴィンテージ相手もなどをレイアウトした、こだわりのキャンプサイトをスナップ。

年代モノからファッション系までボーダレスに網羅。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

  • 年代モノからファッション系までボーダレスに網羅。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 年代モノからファッション系までボーダレスに網羅。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 年代モノからファッション系までボーダレスに網羅。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 年代モノからファッション系までボーダレスに網羅。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 年代モノからファッション系までボーダレスに網羅。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

Smileさん/3756Oさん/チャッキーさん

〈MSR〉のエルボールームや〈ゴーライト〉の名作シャングリラ6など、ヴィンテージとまでは言わなくとも、今や絶版となってしまった希少な幕体を使用するこちらのカップル。ファニチャーにはファッションブランドからの提案モデルを積極的に取り入れた一方で、火気類には〈シアーズ〉の1964 年製ランタンなどのリアルヴィンテージ品もセレクト。

そんな年代も出自も異なるギア類をボーダレスに散りばめた感覚は、ある意味とてもコンテンポラリー。GO OUT 的にもドンズバと言える、シャレっ気と機能性、そしてこだわりを好バランスで兼ね備えた、ハイブリッドなサイト作りを実践していた。余分なギアを持ち込まず、すっきりと整理整頓された構成にも好感が持てる。

美しく設営された〈ゴーライト〉のシャングリラ6。名前の通り6人まで収容可能な、フロアなしのシェルター。残念ながら現在はブランド自体消滅してしまったが、手頃なサイズ感と、その使い勝手のよさから未だ人気の高いモデルだ。

Photo/Taizo Shukuri Text/Takehiro Hakusui

SPEC

  • テント:MSR/エルボールーム2
  • シェルター:ゴーライト/シャングリラ6
  • テーブル:アウトサイドイン/タビテーブル、アレキサンダーリーチャン×ペレグリンデザインファクトリー/スケートテーブル
  • チェア:ネイタル デ ザイン/ガダバウトチェア/EIスツール
  • ランタン:シアーズ/1964年製ヴィンテージ、ペトロマックス/ストームランタン
  • クーラーボックス:ナップモナーク
  • バーナー:プリムス/2222、イワタニ/ジニアバーナー

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル