GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6

2019.5.31〜6.2@福島県 天神浜オートキャンプ場
猪苗代湖畔にて開催されるGO OUT主催のキャンプイベント。ビーチが広がる猪苗代湖畔では、他では見られないユニークなキャンプスタイルが展開される。D.I.Y.やヴィンテージ相手もなどをレイアウトした、こだわりのキャンプサイトをスナップ。

おもちゃ箱をひっくり返したように、テイストをミックス。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

  • おもちゃ箱をひっくり返したように、テイストをミックス。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • おもちゃ箱をひっくり返したように、テイストをミックス。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • おもちゃ箱をひっくり返したように、テイストをミックス。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • おもちゃ箱をひっくり返したように、テイストをミックス。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • おもちゃ箱をひっくり返したように、テイストをミックス。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

コマッチさん/けんペーさん

横付けした赤いワーゲンバスがサイトの前を通るキャンパーたちの注目を浴び、ひと際目立っていたコマッツさんたち。2人のサイトは、渋めのミリタリーテイストの中にポップさが散りばめられた独特なスタイルだ。サイトの入り口付近に置かれた赤のワーゲンバスと黒のダッチバンのラジコンカーも、全体の雰囲気を盛り上げる。

ファニチャー類はどれも低めのもので揃え、リビングをぐるりと取り囲むようにレイアウト。イスから立ち上がらなくてもほしいものが、すぐ手に届く配置だ。ギアは黒やアースカラーやカモ柄といったミリタリーテイストが半分、赤いアイテムが半分ずつでテイストをミックス。ギアの所々にステンシルで名入れをしたことで、ポップさもアップし、遊び心がぎゅっと詰まった。自然と童心に戻ることができそうなサイトである。

韓国発〈ゼログラム〉のヘキサタープは片側を落としてペグダウン。プライバシーを守りつつ開放感を実現させたアレンジで、日よけ、雨よけにもなる。メインポールに渡した自作のガーランドフラッグが、楽しい雰囲気を作り出していた。

Photo/Taizo Shukuri Text/Aya Fukuda

SPEC

  • テント:ムラコ/ブラックビーク2Pテント
  • タープ:ゼログラム/ミニマリスト3ヘキサタープ
  • テーブル:テントファクトリー/FDテーブル600、キャンプマニアプロダクツ/ローグリルスタンドM
  • チェア:ヘリノックス/タクティカルチェア、コンフォートチェア
  • 焚き火台:笑’s/B6君
  • ランタン:ペトロマックス/HK350、コールマン/200A

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル