GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6

2019.5.31〜6.2@福島県 天神浜オートキャンプ場
猪苗代湖畔にて開催されるGO OUT主催のキャンプイベント。ビーチが広がる猪苗代湖畔では、他では見られないユニークなキャンプスタイルが展開される。D.I.Y.やヴィンテージ相手もなどをレイアウトした、こだわりのキャンプサイトをスナップ。

その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

  • その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • その圧倒的な物量は、 さながらギアの品評会。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

熊谷旭浩さん/松坂永作さん/ひーさん

もともとは天候が悪かったので設営がラクな〈キファルー〉のティピを設営したものの、天気が回復したため、 居住性に優れた〈マムート〉のスペースドームや〈マウ ンテンハードウェア〉のサテライトといったドーム型をさらに立て直したという、ギアアディクト感全開のサイトを発見。

少数でのグルキャンながらも、テント同様に試してみたいギアをそれぞれ持ち込み、サイトはさながらフェイバリットギアの品評会。とはいえ、先述した日本未上陸の〈キファルー〉を筆頭に、レア過ぎるモデル、〈モス〉のシドニーが張られている一方、聖火焚火台といった外遊び好きなら一度は試してみたいギアが一同に会した様はまさに圧巻。ギア沼にハマっていくキャンプ男子の思考が垣間見えるセッティングでもあった。

リビングにシリコンコーティングされた〈ヒルバーグ〉の最大タープ50XPという、贅沢なセット。 幕内は〈 バイヤーオブメイン〉×〈マウンテンリサーチ〉のメインラウンジャー、幕外焚き火周りは〈カーミットチェア〉と複数脚を使い分け。

Photo/Taizo Shukuri Text/Takehiro Hakusui

SPEC

  • テント:マムート/スペースドーム、マウンテンハードウェア/サテライト、モス/シドニー、キファルー/16マンティピ、4マンティピ、パラティピ
  • タープ:ヒルバーグ/タープ50XP
  • テーブル:ブルーリッジチェアワークス/ボイジャーテーブル
  • チェア:ヘリノックス/タクティカルチェア、カーミットチェア、バイヤーオブメイン×マウンテンリサーチ/メインラウンジャー
  • 焚き火台:オンウェー/聖火焚火台
  • ランタン:ハサク/NO.22、ベアボーンズリビング/ビーコンライト、ゴールゼロ/ライトアライフ

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル