GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6

2019.5.31〜6.2@福島県 天神浜オートキャンプ場
猪苗代湖畔にて開催されるGO OUT主催のキャンプイベント。ビーチが広がる猪苗代湖畔では、他では見られないユニークなキャンプスタイルが展開される。D.I.Y.やヴィンテージ相手もなどをレイアウトした、こだわりのキャンプサイトをスナップ。

憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

  • 憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • 憧れのヴィンテージギアに囲まれて。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

BEKEさん/NORIさん/ほーちゃん

ご愛用のギアからもなかなかの外遊び歴とお見受けできるBEKEさんたちのサイトは、今はなき〈デイナデザイン〉の名作ワンポールテントをはじめ、隙間風を防ぐスカートをセルフカスタムで増設した〈ゴーライト〉のシャングリラ8をメインシェルターに使い、中に置かれた〈ティリー〉の ’70s ツーバーナーなど、こだわりのヴィンテージギアが数多く並ぶ。

定番〈カーミットチェア〉のほか、〈バイヤーオブメイン〉のアラガッシュプラスコット、〈シアトルスポーツ〉のフロストパックといった現行品も、時代やトレンドといった一過性の流れとは一線を画すベーシックなものを上手にミックス。

またカラーリングを統一し過ぎることで生じるマンネリ感を、差し色的に配置したカラフルな小物でさり気なく払拭するなど、実に効果的なサイト作りが印象的。

シェルターの前には、〈モンロ〉のティーテーブルと〈カーミットチェア〉を置き、野外リビングを設けた。ティーテーブルは天板と脚を取り外して持ち運べ、見かけによらずアウトドア向き。真鍮製の天板がサイトの雰囲気にもピッタリ。

Photo/Taizo Shukuri Text/Takehiro Hakusu

SPEC

  • テント:デイナデザイン/ヌックタック、モジョ
  • シェルター:ゴーライト/シャングリラ8改
  • テーブル:ノラズテーブル、モンロ/ティーテーブル
  • チェア:カーミットチェア、キャプテンスタッグ/CSクラシックス
  • ラック:自作
  • ランタン:JCヒギンズ、コールマン/242B
  • クーラーボックス:シアトルスポーツ/フロストパック

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル