GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6

2019.5.31〜6.2@福島県 天神浜オートキャンプ場
猪苗代湖畔にて開催されるGO OUT主催のキャンプイベント。ビーチが広がる猪苗代湖畔では、他では見られないユニークなキャンプスタイルが展開される。D.I.Y.やヴィンテージ相手もなどをレイアウトした、こだわりのキャンプサイトをスナップ。

カラフルなギアで ポップに仕上げたソロキャンスタイル。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

  • カラフルなギアで ポップに仕上げたソロキャンスタイル。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • カラフルなギアで ポップに仕上げたソロキャンスタイル。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • カラフルなギアで ポップに仕上げたソロキャンスタイル。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • カラフルなギアで ポップに仕上げたソロキャンスタイル。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • カラフルなギアで ポップに仕上げたソロキャンスタイル。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

noborugomeさん

エアクッションに座り気持ちよさそうに過ごしていたnoborugomeさんは、アパレルブランド別注のモデルを多用しサイトをレイアウト。テントとして使っているのは、実は〈コールマン〉のビーチシェード。こちらは毎年リリースされている〈ビームス〉とのコラボモデルで、ヴィンテージバンダナをパッチワークした総柄デザイン。

内部は大人ひとりがゆったりと横になれるサイズで、室内高も145cmと居住性も高い。入り口はフルクローズできるので、これからの季節はテントとしても十分使えるスペックだ。タープも〈コールマン〉だが、こちらは〈モンロ〉とのコラボシリーズであるインディゴレーベルからチョイス。カラフルなギアで、サイトをポップにコーディネートしていた。

タープを低め張りコンパクトに設営されているため、カラフルなギアが多くともすっきりとした印象に仕上がっている。ロースタイルのリビングはタイトながら機能的なレイアウトにご注目。

Photo/Taizo Shukuri Text/Mitsuto Matsunaga

SPEC

  • テント:コールマン×ビームス/ビーチシェード
  • タープ:コールマン×モンロ/ILXPヘキサタープ/MDX
  • テーブル:38explore/38パレット
  • チェア:ニトリ/ローチェア、キャンプアウト/アルミ背付きベンチ
  • 焚き火台:オンウェー/聖火焚火台
  • ランタン:モリモリ/LEDランタンスピーカー
  • ジャグ:ミンテージ

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル