GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6

2019.5.31〜6.2@福島県 天神浜オートキャンプ場
猪苗代湖畔にて開催されるGO OUT主催のキャンプイベント。ビーチが広がる猪苗代湖畔では、他では見られないユニークなキャンプスタイルが展開される。D.I.Y.やヴィンテージ相手もなどをレイアウトした、こだわりのキャンプサイトをスナップ。

クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

  • クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-
  • クルマも大事なギア。 そんな思いが伝わる 車中泊キャンプ。-GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6-

ごうさん

キャンプ好きにはクルマにこだわる人も多いが、それはクルマも“ギア”のひとつだからだろう。外遊びの移動手段や荷運びに必要不可欠であるが、リビングにもなり寝室にもできるのがクルマ。そんな機能を最大限活かしていたのが、ごうさんのサイト。 ホイールへの取り付けが前提のカータープに、後部座席に造ったベッドルーム、そしてバックドアに備え付けた作業台と、クルマありきのテントサイトを作り上げた

キャンピングカーやワーゲンバスといったキャンプ 仕様の特別なモデルを購入せずとも、十分快適で便利な車中泊はできるもの。ギアと同様アウトドア向きのスペックを選ぶ必要はあるが、ごうさんのように自分で手を加え、好みの居住空間を生み出すことも可能なのだ。

〈スランバージャック〉のロードハウスタープは 、〈ジープ〉への取り付けを想定し作られているそう。片方のガイラインがテープリボンとバックルになっており、ホイールの隙間に取り付け。上はルーフキャリアに固定している。

Photo/Taizo Shukuri Text/GO OUT

SPEC

  • タープ:スランバージャック/ロードハウスタープ
  • テーブル:スノーピーク/アイアングリルテーブルスリム、キャプテンスタッグ/CSクラシックスFDパークテーブル
  • チェア:ヘリノックス×モンロ/チェアワン
  • 焚き火台:スノーピーク/焚火台M
  • バーナー:ソト/ST-301

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル