GO OUT CAMP 冬 2018

2018.12.15〜16@ふもとっぱら
今年で三回目となる「GO OUT CAMP 冬 」。夜は氷点下を大きく下回る冬空のもと、ふもとっぱらには多くのおしゃれキャンパーが集まりました。ここでは、その中から注目のおしゃれアウトドアなカースタイルをご紹介。
Photo & Report/Yasuo Sato

パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-

  • パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-
  • パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-
  • パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-
  • パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-
  • パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-
  • パパさん(Dodge/ラム1500)-GO OUT CAMP 冬 2018-

ワイルドなピックアップは情熱で乗りこなす!

ソトラボのタープ&ノルディスクのアスガルドの広々としたテントサイトの傍らには、雄々しいフルサイズピックアップトラックの姿が! 家族でまったりと冬キャンプを楽しんでいたオーナーに話を聞くとマスタング、チェロキーなどを乗り継いできた大のアメ車好きで、ピックアップは憧れだった様子。

「日本ではデメリットの方が多いかもしれませんが、それを上回る魅力がありますから!」と言うオーナーは、荷台にハードトップデッキ(カバー)を追加して実用性を高めている。

また、本国では実用車として扱われるピックアップには珍しくサンルーフを標準装備。ダブルキャブ(4枚ドア)仕様にサンルーフで室内が開放的なのも決め手だ。

排気量5700㏄のエンジンは余裕の走りを実現し、荷物をガシガシ積めるトラックでアウトドアをとことん楽しむ、これこそ男のロマンではないでしょうか!

 

その他のGO OUT CAMP 冬 2018

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル