GO OUT JAMBOREE 2019

2019.4.12〜14@ふもとっぱら、ふもと村オートキャンプ場、あさぎりフードパークドッグラン特設サイト
平成最後の開催となった、弊誌主催の日本最大級のキャンプイベント。2019年は、寒の戻りで会場周辺に積雪が見られたものの、今回も3日間延べ1万8千人以上のキャンパーが来場する盛況ぶり。ドッグラン特設サイトが新設され規模も最大!

車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-

  • 車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • 車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • 車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • 車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • 車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • 車中泊&シェルターで、愛犬と一緒にあったかキャンプ。-GO OUT JAMBOREE 2019-

ヨッシーさん/ユミユミさん

黄色のワーゲンバスとカーキ色のシェルターの組み合わせがおしゃれ。天気の急変や寒さに備えてギアを広げすぎず、すべてを車内とシェ ルター内に収めている。寒さに弱い愛犬のことを気遣っていることが、よく伝わってくる。

撮影を行った時期は、富士山山麓は朝と夜はまだまだ冷え込み、霜が降りるほど。〈ヘリノックス〉のタクティカルテント6の中をリビングとしていたヨッシーさんたちのサイト。中を拝見すると、4人と愛犬がしっかりくつろげる空間を確保していた。

限られたスペースの中でも工夫を凝らし、窮屈さを感じさせないリビングを実現。ワンちゃん専用のコットやストーブなども用意し、愛犬も快適に過ごせる温かな空間が広がっていた。またシェルターのメリットは雨や風除けに困らないだけでなく、プライバシーが守れるという利点もある。

さらに、今回テントは使わずワーゲンバスで車中泊。後部座席がフルフラットのベッドになるので、外気から守られ暖かくして就寝できるのだ。家族だけでゆったりと過ごしたい人は、ぜひヨッシーさんのサイト作りを参考にしてほしい。

  • Photo/ Taizo Shukuri
  • Text/Aya Fukuda

SPEC

  • シェルター:ヘリノックス/タクティカルテント6
  • テーブル:ドゥーグー/ミニテーブル、ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:スノーピーク/ローチェア ショート
  • ランタン:プリムス/IP-100、IP-200LA 、デイツ/フュアハンドランタン
  • バーナー:イワタニ/焼き上手さんα、コベア/キューブ
  • ジャグ:ヴィンテージ

その他のGO OUT JAMBOREE 2019

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル