GO OUT JAMBOREE 2019

2019.4.12〜14@ふもとっぱら、ふもと村オートキャンプ場、あさぎりフードパークドッグラン特設サイト
平成最後の開催となった、弊誌主催の日本最大級のキャンプイベント。2019年は、寒の戻りで会場周辺に積雪が見られたものの、今回も3日間延べ1万8千人以上のキャンパーが来場する盛況ぶり。ドッグラン特設サイトが新設され規模も最大!

ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-

  • ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-
  • ネームバリューに捕らわれない、フラット目線のギアセレクトがセンスよし。-GO OUT JAMBOREE 2019-

barmeshiさん/ozawaxさん

レンガ色とでも言うべき、くすんだオレンジが印象的なテントカラー。ウッド製品を多く取り入れたことで、ほかギア類とのコンビネーションもバツグンだ。派手さはないが、メンズライクな渋さ漂うコーディネイトを作り上げている。

今や滅多に出回ることのないという、ミラノ生まれの老舗メーカー〈ベルトー ニ〉のA 型テント、カプリ200を使用。そんな高度なキャンプリテラシーを持つbarmeshiさん、そこに合わせたギア類のセレクトも秀逸だ。

まず目を引くのは、〈TheArth〉をはじめ、〈カーミットチェア〉の張り替えた座面や、サイドの切り抜きが特徴的なV字型の焚き火台など、最近アウトドア業界を盛り上げているガレージブランドもの。

そこに〈カーミットチェア〉などの王道系を混ぜつつも、〈ニトリ〉製品やホームセンター購入品といった、身近なショップで安く手に入るアイテムなども取り入れる。ブランドやネームバリューに捕らわれることなく、適材適所でいいと思われるモノを判断していく、その卓越した審美眼にご注目あれ。

  • Photo/Taizo Shukuri
  • Text/Satoshi Yamamoto

SPEC

  • テント:ベルトーニ/カプリ200
  • テーブル:キャンプマニアプロダクツ、The Arth/シマドルトン
  • チェア:カーミットチェア、ニトリ
  • バーナー:プリムス/キンジャ
  • クーラーボックス:コールマン/スチールベ ルトクーラー
  • 焚き火台:ノーマン ジェニュイン プロダクツ/オウギ
  • ジャグ:リマ/ステンレスジャグ
  • ストーブ:センゴクアラジン/ポータブルガスストーブ

その他のGO OUT JAMBOREE 2019

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル