秋の最新キャンプスタイルを拝見!おしゃれで機能的なこだわりサイト満載 #2

THE CAMP STYLE SNAP  in ふもとっぱら@2020.10

焚き火やアウトドア料理をじっくり楽しめる秋冬キャンプはこれからが本番!!  そこで GO OUT CAMPの会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」で、おしゃれキャンパーたちのサイトをチェック!!

ちなみに「ふもとっぱら」では、10月をGO OUT的に「キャンプ強化月間」として、期間限定で巨大看板も設置させてもらいました。

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

全ギアをテント内の収納できるオールインワンスタイル。

OWNER:上野和彦さん

テンマクデザインのAフレームテント、ペポを愛用する上野さん。フロアレスのためハイコットを入れているが、それでもソロならかなりスペースの余裕がある。

「このテントの購入の決め手は、今持っているギアをすべて幕内に収納できるサイズ感。コットの横にテーブルや椅子を入れると、すごく収まりがいいんですよ」。

そのため昼間はタープを張らない青空リビングを満喫して、夕方になるとテント内にリビングを再構築。夜はテント内ですべて完結する、オールインワンスタイルでソロキャンプを楽しんでいた。

こちらのモンベルのマルチフィールディングテーブルは、テント内で使うのにも丁度いい大きさ。

薪割りに用に、スウェーデン製のハスクバーナの斧も用意。スノーピークの焚き火台とセットで愛用しているのは、ロゴスの薪ラックテーブル。

イエティのクーラーにはステッカーカスタムが。それらをまとめているフィールドラックは、オンレン別注カラーのモデル。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック!!

 

愛犬と同じ目線で過ごす、ロースタイルのリビング。

OWNER:岡部貴充さん、麻衣子さん、燈くん

「ジープに乗ってキャンプをすることが子どもの頃からの夢でした」と言う岡部さん。それを実現するべくアンビルカラーのラングラーと共に入手したのが、ノルディスクの大型ティピーテント、アスガルド7.1。

さらに家族でリラックスできる空間として、キャンプマニアのツインポールシェルターも用意。

その下に構築したリビングは、防水シートのブランケットを敷いた究極のロースタイル。こちらは、なるべく愛犬も同じ目線で楽しめるように工夫してみたとか。

愛犬ペロくんのリードはハンギングッチェーンのデザインになったエクセレントエリート。ソリッドステートをペグダウンして繋いだキャンパー仕様。

マーグズの焚き火台ラプカは、コンパクトサイズながらグリルを使って料理もできる優れモノ。夢が叶った岡部さんが次に目指すのは、無骨なソロキャップ。今後はブッシュクラフトにも挑戦してみたいとか。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック!!

 

ウッドとアイアンのギアをバランスよくスマートに配置。

カズさん、ノリコさん、ソアくん、リコちゃん

テントとタープはテンマクデザインのソルムバージョン、テーブルや椅子はブラックデザインのウッド系ファニチャーで統一されたカズさんファミリーのサイト。

本来はタープの下に設置するリビングだけど、天気が良かったため夕方まではタープの前に展開。テントは入り口を2箇所作り、タープ内と外からの両方からアクセスできる仕様になっているため通気性もバツグン。

こちらは、重厚感とナチュラルな雰囲気のバランスが丁度いいブラックデザインのキャンプファニチャー。

「こだわったのはウッド系とアイアン系のギアのバランス。あまりどちらかに偏りすぎないようにしました」と、無骨になり過ぎない空間作りがコンセプト。

なかでも最もお気に入りのギアは、ここまで灯が揺らぐLEDは珍しいとツタヤ家電で一目惚れした、イデアルのLEDランタン、フレームポット。目立つ位置にセットすることで、サイトのアクセントになっている。

自作のスタンドに、デバイスワークスのタペストリーをセット。デバイスワークスのシェラカップやペトロマックスのフライパンもかけられている。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック!!

 

ノルテントのギャム好きが“ギャムヴィレッジ”に初集合。

ノルウェー発のテントブランド、ノルテント。こちらはそのノルテントの定番モデル、ギャムシリーズの愛好家が集結した“ギャムヴィレッジ”。yamaya400さんがインスタで呼び掛け、本日が1回目の集まりだとか。

yamaya400さん、kozbeatさん

そんなyamaya400さんのサイトは、ギャムの薪ストーブ用の穴にタープのポールを通して、テントとタープを一体化。ブラックをベースにしたテントサイトのアクセントになっている。

もちろんその下に並んだギアもこだわり満載。なかでもオールドマウンテンでカスタムしたカーミットチェアが1番のお気に入りだとか。

人気ガレージブランド、アシモクラフツの焚き火台と、サンゾクマウンテンの三角テーブルは人気の組み合わせ。

ソマビトのパラレールハンガーは幕付きなので、焚き火の近くで使うと防風効果もある。

「ギャムはタフなルックスなので、その雰囲気にマッチするガレージブランドのギアを揃える人が多いですね。今日初めて会う人たちばかりですけど(笑)」。

ちなみにこの合同キャンプ“ギャムヴィレッジ”は今後も定期開催するらしく、ギャムを所有していれば誰でも参加OKとのこと。詳しくはインスタ(@yamaya400)をチェック!!

このサイトの詳細は、スナップページをチェック!!

 

秋のおしゃれキャンプサイトが豊作!

10月のふもとっぱらには、参考にしたいおしゃれサイトで溢れていました。ここで紹介した4組のほかにも、最新のキャンプスタイルを多数掲載中! 続きはこちらよりチェックしてみて!

Photo/Taizo Shukuri

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout