おしゃれアウトドアな車スタイル 30選。キャンプで頼りになるタフな愛車たち。

アウトドアに必要不可欠な「車」。単なる移動手段としてだけでなく、オーナーの個性を体現する重要なパートナーといえます。それだけに愛車選びはこだわりを持って臨みたいところですが、外遊び派なボクらとしては、アウトドア的ライフスタイルにフィットする機能もビジュアルも両立した一台が理想的。

今回はそんなこだわりをもった外遊び好きたちのライフスタイルに寄り添う、30台のおしゃれアウトドアな愛車スタイルをご紹介します。

車もアウトドアギアのひとつ。

OWNER:@westy85_jp.さん(Volkswagen T-3 Westfalia)

これまでGO OUTでは数え切れないほどのおしゃれなキャンプスタイルを取材してきましたが、どのキャンパーさんにも共通して言えるのが、車にもただならぬこだわりを持っているということ。

特にオートキャンプではテントサイトに車が寄り添って、ギアの倉庫として、寝床として機能する、重要なアウトドアギアとしてキャンプスタイルの一部となっています。

もちろん、アウトドアに限らず日常生活でも常に行動をともにする相棒だからこそ、ファッションと同じ目線で自分のスタイルを象徴するアイコンとして愛車を選んでいるのです。

 

外遊び好きたちの車スタイルって?

まずはおしゃれアウトドア派たちの車スタイルに見られる特徴を見ていきましょう。車の購入や買い替えをお考えの方は愛車選びの参考にしてみてください。

POINT 1  積載量が肝心要!

OWNER:daisukeさん(Honda CR-V)

アウトドアを楽しむ外遊び好きにとって積載力は重要課題! そのため、ラゲッジの広さで車を選ぶ人もいますが、ルーフキャリアやヒッチキャリアなど収納を外付けして積載量をアップするパターンも! キャリアはアウトドア感を演出するアクセサリー的な役割も果たしてくれ一石二鳥。

POINT 2  一味違った車選びで差をつける。

OWNER:横町健さん/anea design 代表(’89 JEEP GRAND WAGONEER)

上級者たちは選びからしてこだわり満載! アウトドアで頼りになるスペックはもちろんですが、輸入車や国産車、中古車、レアな特別仕様車など、普段あまり見かけないような個性的かつ自分に合った一台を厳選しています。

POINT 3  カスタムして独自のスタイルを確立。

OWNER:DKJ/HIIT ディレクター(’07 VOLKSWAGEN NEW BEETLE)

リフトアップや塗装、ステッカーチューン、タイヤの履き替えなど、大胆なカスタムによって独自のスタイルを表現しているこだわり派も。永久定番的な名車もカスタムによって、全く別の車種かの様にガラリと姿を変えていたりもするんです。

 

やはり、おしゃれな外遊び派は「キャンプ」や「アウトドア」を軸にして車を選んでいる場合がほとんどで、悪路も走れつつアウトドア感満点のSUVが大定番ですが、他にも荷物がたくさん積めて車中泊もこなせるミニバンも人気の様子。

中には半世紀前の旧車だったり、ピックアップトラック、さらには2人乗りのオープンカーなど、アウトドアでの利便性とは違った視点から選ぶ人もいて、各々の車に対するアプローチは違っても独自の「趣味性」をしっかりとキープしているのが特徴です!

 

おしゃれアウトドアな車スタイル30選。

おしゃれアウトドアな車の傾向がわかったところで、早速紹介に移りましょう。SUVを筆頭に、年式を問わず国内車が盛りだくさんです。各オーナーならではのこだわりどころやライフスタイルが垣間見れるコメントも必見ですよ! 10台ずつ3ページに分けて紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

01. TOYOTA/LAND CRUISER 70(トヨタ/ランドクルーザー70)

OWNER:草竹 賢(ALL GOOD FLOWERS 代表)

タフなランクル70再販だけど、 あえて泥っぽさを抑えてクリーンに

青山の花屋、オールドグッドフラワーズの草竹さんが公私で愛用する1台は、限定で再販されたランクル70。「当時から気になっていて、ずっと状態のよいモデルを探していたけど、やっと納得できる1台に巡り会えました」。ボディは純正カラーのホワイトにこだわり、サイドにショップのロゴをシンプルにセット。あえて土臭さを軽減しているそう。

このクルマをもっと見る

 

02.  SUZUKI/JIMNY SIERRA(スズキ/ジムニーシエラ)

OWNER:田中 直樹さん

キャンプ向けカスタムとオールブラックで仕上げた男前ジムニー

2018年に20年振りのフルモデルチェンジを果たしたジムニー。いまだに納車まで1年弱待ちというほどの人気で、田中さんも納車まで約1年半待ってようやくゲットできたそう。カラーはブラックが好きと語るオーナーは、車やファッションスタイル、さらには愛犬までもブラックで統一したこだわりよう。

このクルマ をもっと見る

 

03. SUBARU/FORESTER L.L.Bean EDITION(スバル/フォレスター エル・エル・ビーン エディション)

OWNER:井田信之さん(スタイリスト)

ラフなキャンプスタイルが似合う、エル・エル・ビーン仕様

井田さん初のマイカーは、フォレスターのエル・エル・ビーン限定車。「家と車は旧いほうが好みだけど、ヴィンテージカーだと故障が心配。それで、これくらいの年代の車を探していて出会ったのがこの1台。

この愛車を手に入れてからキャンプ熱も高まっているとか。「せっかくなので、この車が似合う、いなたいキャンプスタイルを楽しみたいです」。

このクルマをもっと見る

 

04. NISSAN /X-TRAIL(ニッサン/エクストレイル)

OWNER:鰐渕 航さん(THE NORTH FACE PR)

車中泊もできる頼れる相棒カーとして、1年通してアクテビティをサポート

ベージュとブラックのコンビカラーでカスタムされた初代エクストレイルを愛車とする鰐渕さん。

「走破性の高さはもちろん、ラゲッジスペースの広さもとても魅力的でした。ここ最近では外にテントを張らずに、ラゲッジスペースにマットを敷いて車中泊をすることも多くなりましたね」。

このクルマをもっと見る

 

05. TOYOTA/FJ CRUISER(トヨタ/FJクルーザー)

OWNER:ルーク・ブリジフォードさん(OVERLAND CAMPERS JAPAN 代表)

北海道から沖縄まで旅する、キャンパー仕様のFJクルーザー

オーストラリア出身のルークさんがプロデュースするOVERLAND CAMPERS JAPANでは、キャンパー仕様にカスタムを施しつつ、街乗りにも適した車がレンタルできるという。

「若い頃はランドクルーザー40に憧れていたため、FJクルーザーをベースにキャンパー仕様にカスタムしました。これからもっと使いやすいようにカスタムする予定です」。

このクルマをもっと見る

 

06. Mercedes Benz/G-Class(メルセデス・ベンツ/Gクラス)

OWNER:久富 雅也さん

オールブラックで合わせた、男前なGクラス

黒を基調にしたサイトの中にありながら存在感を放つメルセデスベンツのGクラス。キャンプのために購入したこともありカスタムもオフロード仕様。ルーフキャリアにはサイドオーニングをセットし、ライト類にはガードを装備した。

このクルマをもっと見る

 

07. LANDROVER/DISCOVERY 4(ランドローバー/ディスカバリー4)

OWNER:月岡 徹さん(tensix クリエイティブプロデューサー)

購入の決め手は、英国車らしい上品なルックスと純正カラー

様々なブランドやメーカーのプロモーションやイベントに携わる月岡さんの愛車は、オーダーメイドモデルのディスカバリー4。

「英国車らしい上品なルックスと、純正のナラブロンズカラーに惹かれました。ほぼ前オーナーのオーダーだけど、ボク的にも理想でした。ジブンではグリルの色を変えたくらいですね」。

このクルマをもっと見る

 

08. HONDA/ELEMENT(ホンダ/エレメント)

OWNER:横井秀光さん

街乗りを考慮してラージSUVから、個性派コンパクトSUVに乗り換え

月に2〜3回は家族でキャンプに出掛けるというアウトドア好きな横井さん。横井さんの愛車は、ホンダのアメリカ法人が2002年から2011年まで製造販売したエレメントだ。

「ヒトとあまり被らない車を探していたところ、コンディションの良いエレメントが運良く見つかったので、これにしたんです」。

このクルマをもっと見る

 

09. TOYOTA/RAV4 Adventure(トヨタ/ラヴ 4 アドベンチャー)

OWNER:木島 茂さん

ディテールアレンジで個性際立つ一台に

10年乗ったというミニバンのVOXYから買い換えたというオーナー。「ボーイスカウト時代からずっとキャンプを続けていて、ファミリーカーよりもタフで頼れる相棒的な車がよかったんです」。ディテールに目をやると、本来横ラインのフロントグリルが縦になっていたり、JAOSのバンパープロテクターが取り付けられていたりオーナーのこだわりが随所に見られる。

このクルマをもっと見る

 

10. CITROEN/BERLINGO(シトロエン/ベルランゴ)

OWNER:中谷勇大さん

シトロエンの注目モデルで、快適な外遊びを満喫中

2019年に日本上陸して話題となったシトロエンの最新車両、ベルランゴ。先行発売モデルを入手した中谷さんは、早速キャンプなどの外遊びに愛用している。

「フランスの車らしい洗練されたデザインと、見た目以上の積載量に惹かれました。車内に収納スペースが20ヶ所以上もあるから、どこに何を入れようか迷うほどです(笑)」。

このクルマをもっと見る

 

No.11〜20は次ページをチェック! キャンプな軽自動車満載!

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout