アウトドアスタイルな100ブランド、春の新作アイテムSELECTION【100 / 100 ブランド】

 

050 Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)

1981年にドイツ・フランクフルトで誕生したアウトドアブランド。今季で創業40周年を迎え、原点回帰がテーマの限定コレクション「レトロアーカイブパック」を発表。アウトドアギアだけでなく、日常着としても快適に過ごせる独自素材を備えたアイテムがラインナップされる。

シワ加工を施したナイロンタッサー生地の表面にさらに撥水加工をすることで、ナチュラルかつドライタッチな素材感が心地よいマウンテンパーカ。¥15400
独自で開発した防水透湿素材であるテキサポールを使用し、2.5レイヤーの軽量マイクロリップストップで仕立てたミリタリーライクなコート。¥25300

(問)ジャック・ウルフスキン カスタマーサービス tel:0120-300-147 www.jackwolfskin.jp

その他ジャック・ウルフスキンに関する記事一覧はこちら

 

049 L.L.Bean(エル・エル・ビーン)

数々の銘品を生み出してきたアメリカ生まれのアウトドアブランド。誕生から半世紀を超えて もなお、ビーンブーツやビーントートと呼ばれ、ブランドのアイコンとしていまでも親しまれ ている。今季は環境に配慮したブルーサイン認証やオーガニックアイテムを多くラインナップ。

軽量ながら、細かなキルティングが保温性を高めるプルオーバージャケット。耐摩耗性に優れ、ブルーサイン認証の環境に配慮した素材を使用している。¥8690
アドベンチャー・ダッフルでお馴染みの軽いナイロン素材を使用したトートバッグ。小さく収納できるため、旅先など携行にも便利。ラージサイズ。¥5940

(問)エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター tel:0422-79-9131 www.llbean.co.jp

その他エル・エル・ビーンに関する記事一覧はこちら

 

048 Tilak(ティラック)

チェコ共和国のアウトドアブランドで大量生産こそできないものの、自社工場での一貫した生産管理によって徹底的な品質が保たれたプロダクトが多くのファンを魅了して止まない。今季もアウトドア、タクティカル、トラベルの3カテゴリにフィーチャーしコレクションを展開している。

撥水、透湿性のあるアメリカ製のマルチカモ素材を採用。両腕には3種のワッペンが付属する。¥44000
速乾性、ストレッチ性のある肌離れの良いデルタという機能素材を採用したロングスリーブTシャツ。フロントはセットイン、バックはラグランスリーブ仕様のゆったりとしたリラックスフィットが特徴。¥9900

(問)バーリオ tel:075-354-6604 www.barriojapan.com

その他ティラックに関する記事一覧はこちら

047 NORRØNA(ノローナ)

ノルウェー発のアウトドアブランドとして知られ、北欧らしいデザインはもちろん、カラーリングだけでなく、世界レベルのクライマーたちも愛用する機能性の高さから、プロアマ問わず選ばれ続けている。いまでも縫製や裁断など手作業で行われている品質の高さも大きな魅力だ。

ソフトなオーガニックコットンとリサイクルポリエステルの混紡生地は防風性、耐久性に優れたベストセラーモデル。フロントにはカンガルーポケットとハンドウォーマーポケットを装備する。¥26400
通年着用できるレインジャケットとして開発したモデルで、生地にはゴアテックスC-KNITを採用。¥63800

(問)フルマークス www.full-marks.com

その他ノローナに関する記事一覧はこちら

 

046 Rab(ラブ)

1981年にイギリスでロバート・キャリントンが自宅の屋根裏部屋にて2台のミシンを使って機能的なダウンや寝袋を作り始めたのがブランドのはじまり。世界中の極寒環境やアルパイン登山に特化したハイクオリティなウエアとスリーピングバッグを主力アイテムに展開している。

ソフトシェルの伸縮性や快適性とハードシェルのプロテクションを兼ね備えたハイブリッドなジャケット。 ツバ付きフードはポリマー製のワイヤー入りの立体設計で、サイドからの雨風も遮断してくれる。¥32000
ゴアテックスパックライトプラスを採用したジャケットは高機能なうえに軽量かつ汎用性の高い1着。¥39000

(問)ベンダー tel:03-6452-3072 https://coverchord.com

その他ラブに関する記事一覧はこちら

 

045 MILLET(ミレー)

2021年で創業100周年を迎えるフランスのアウトドアブランドでフランス初のヒマラヤ登山隊に装備提供した輝かしい功績を持つ。近年では環境に配慮したサステナブルな企画にも力を入れており、高機能でありながらも環境に優しいプロダクトは高い評価を得ている。

独自開発の極薄メンブレンの生地は、高い耐水圧と透湿性を両立し、適度なストレッチにより動きやすさも兼ね備えた1着。¥28600
ザックの容量30~40Lを想定したオリジナルプリントのレインカバー。素材は強度の高いシルナイロンを使用し、風飛び防止のコンプレッションストラップを装備。¥4950

(問)ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン tel:03-6417-0492 www.millet.jp

その他ミレーに関する記事一覧はこちら

 

044  HOUDINI(フーディニ)

「CORE COMFORT(最高の着心地)」をテーマに掲げ1993年にスウェーデンで設立。機能美はもちろん、ミニマリズムを骨子とするデザイン哲学のもと、手掛けられるプロダクトは、高い機能性だけでなく、環境負荷を考慮したサステナブルなモノづくりにもチカラを入れている。

薄手でソフトな肌触りでありながらも丈夫な耐久性、伸縮性、防風性、透湿性も備わったデイブレイクジ ャケット。¥26400
リサイクルポリエステルから作られた超軽量で丈夫なC9 リップストップTM生地は耐 風性、透湿性に加え、耐久撥水加工も施されている。街でも山でも活躍するジャケット。¥39600

(問)フルマークス www.full-marks.com

その他フーディニに関する記事一覧はこちら

 

043 GRAMICCI(グラミチ)

180度自然な開脚を可能にしたガゼットクロッチや片手でウエストを調整できるウェビングベルトなど、画期的なディテールを生み出してきたグラミチ。そのコンフォータブルな穿き心地はクライミングやアウトドアシーンだけでなく、タウンユースでも支持され続けている。

コットンのようなナチュラルで柔らかなナイロン素材を使用した、パッカブル仕様のユーティリティシャツ。¥15180
前身頃から後身頃にかけて配された大きなポケットが特徴で、ほどよいゆとりとスマートさを併せ持ったショーツ。耐久撥水機能と塩素にも強い素材であるため、プールでも活躍。¥9680

(問)インス  tel:0120-900-736  www.gramicci.jp

その他グラミチに関する記事一覧はこちら

 

042 Marmot(マーモット)

創業は1971年。カリフォルニア大学に通う2人の学生からスタートし、ダウンを使用したウエアとスリーピングバッグがブランドとしてのファーストプロダクト。また、高機能素材としてメジャーな素材であるゴアテックスをアウトドア界で初めてウエアに使用したことでも知られる。

防水性に優れた東レのダミザクス2.5レイヤーをアウトシェルに、染色には天然成分由来の“オニベジ”を採用した3ウェイ仕様のジャケット。¥53900
定番のトレッキングパンツをベースに作られたコンバーチブルパンツ。ポケットを多数装備し収納性に優れ、さらに耐久撥水性、ストレッチ性も兼ね備えている。¥16500

(問)デサントジャパンお客様相談室 tel:0120-46-0310 www.marmot.jp

その他マーモットに関する記事一覧はこちら

 

041 mont-bell(モンベル)

1975年に大阪にて創業し、登山、キャンプ用品を主軸に、定番的に使えるアウトドアギアから、最新の高機能素材を使用したアパレルの企画製造、販売まで手掛ける日本を代表する総合アウトドアブランド。アウトドアイベントやツアーなどの企画も積極的に行なっている。

バツグンの通気性と速乾性を兼ね備えた高機能素材を使用したアロハシャツ。メッシュ素材であるため熱もこもらず、夏でも快適に過ごせる。¥7480
適度なストレッチ性が効いた独自の素材を使用した農作業用パンツ。デニムのような風合いと動きやすいシルエットはアウトドアアクティビティにも最適。¥8800

(問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 www.montbell.jp

その他モンベルに関する記事一覧はこちら

 

040 go slow caravan(ゴースローキャラバン)

今シーズンのテーマは「BACK TO THE NATURE」。いつでも外遊びに繰り出せるように、より自然の中でのライフスタイルを意識した世界観を表現したコレクションになっている。インドアでもアウトドアフィールドでも気持ちが高まるようなプロダクトが多く揃っている。

ビッグシルエットが際立つモッズコートは、ジャングルモチーフの刺しゅうで個性的に仕上がっている。フィッシュテールも◎。¥19800
美しいテーパードシルエットを用いたカーゴパンツは、刺しゅう使いがアクセントに。¥13200
釣りやキャンプなどにも活躍するユーティリティベストは、フロントポケットが着脱可能。撥水性のあるファブリックを使用。¥12100

(問)三高 tel:03-5669-0211 https://official.goslowcaravan.com

その他ゴースローキャラバンに関する記事一覧はこちら

 

039 POLER(ポーラー)

サーファー、スケーター、スノーボーダーのライフスタイルをミッ クスした新感覚アウトドアブランドとして2010年にスタート。ロードトリップのバイブスからインスパイアされた遊び心、優しさがあふれるデザインとブランド発祥の地、オレゴンの空気感をブレンド。

ブランドのフラッグシップモデルとして知られるポンチョ。パッカブル仕様でボタンを外せば、スクエアのシートになるアイデアも見逃せないところ。 ¥18480
今シーズンに登場したコミカルなキャラクターアイコンを用いた総柄のシャツ、コットン100%で着心地がいいのもポイント。¥8580
アイコンであるサイクロプスロゴとフューリーカモのコンビが良好なキャップ。¥4620

(問)キャンバス tel:03-5639-9669 https://polerstuff.jp

その他ポーラーに関する記事一覧はこちら


038 GOHEMP(ゴーヘンプ)

ヘンプブランドの先駆者として「ART OF HEMP」をテーマに1994年にスタート。地球に優しい素材であり、肌触りや通気性がよく、速乾性と抗菌効果もあるヘンプを軸に、各地の老舗工場で作られるプロダクトを生産。着心地のよさや機能美に優れたウエアを展開する。

定番であるヘンプ55%、オーガニックコットン45%の混率による8oz生地を使用したロングスリーブTシャツ。¥7480
バックサイドにカラビナ、ナイロンテープによるデイジーチェーンを備えたキャンプなどで活躍するユーテリティベスト。¥16280
トレンドであるリーフカモを落とし込んだヘンプコットンウェザークロスのユーテリティパンツ。¥17380

(問)ジュズ tel:03-6277-5573 https://juzustore.jp

その他ゴーヘンプに関する記事一覧はこちら


037 MANASTASH(マナスタッシュ)

1993年にシアトルで設立されたマナスタッシュ。今では世界中の企業がサステナブルへの取り組みを行っているが、創業当時より企業理念としてその姿勢を一貫している。環境に優しい素材を使用し ながらも、デザインや機能性にこだわったプロダクトをラインナップ。

あえてサイドにスマイルフェイスがプリントされたTシャツ。ほどよく落ち着いたカラーリングも絶妙。¥6600
ヘンプとオーガニックコットンのヘビーツイルを使用したプルオーバージャケット。ペンドルトンとのコラボレーション。¥23650
立体裁断で仕上げ たコンフォートで都会的なバルーンシルエット。前ポケットの内側にコインポケットの付いた6ポケット仕様。¥12100

(問)ビーバー 渋谷 tel:03-5728-2288 www.beaver-jp.com

その他マナスタッシュに関する記事一覧はこちら

 

036 CHUMS(チャムス)

1983年にアメリカのユタ州のリバーガイドによって設立された、おなじみのアウトドアブランド。激流でもサングラスを失くさないために考案したメガネストラップのチャムス オリジナルリテイナーが ファーストプロダクト。現在はウエアからギアまで幅広く展開。

遊び心あふれるクレイジーパターンのキャンピングパーカライト。豊富なカラバリも見逃せない。¥15180
定番のジャケットをバイカラーにするこ とで新鮮な印象に。コットンライクなナイロン素材を使用する。¥14080
ワークウエアであるオーバーオールのフロントポケットやハンマーループなどをアウトドア仕様にアレンジ。¥14080

(問)チャムス 表参道店 tel:03-6418-4834 www.chums.jp

その他チャムスに関する記事一覧はこちら

 

035 WILD THINGS (ワイルドシングス)

1981年登山家のジョン・ボーチャードとマリー・ムニエによってアメリカのニューハンプシャー州ノースコンウェイにて創業。「LIGHT IS RIGHT」をコンセプトに、アメリカの登山家やクライマーとともに様々な傑作を輩出。米国国防省へのミルスペック納入実績もある。

デュポン社が開発した高機能ナイロンであるサプレックスを使う。裏地には着心地のよさと静電気を抑えるメッシュを採用。¥18000
大きめのポケット使いが際立つサプレックスナイロンのプルオーバーシャツ。¥11000
染めムラのあるマットな質感のバックサテンを用いたショーツは収納力の高さも特徴。¥11000

(問)インス tel:0120-900-736 www.wildthings.jp

その他ワイルドシングスに関する記事一覧はこちら

 

034 Burton(バートン)

最高峰アウターウエアコレクションの[ak]のスプリングコレクションが話題。天候の変化に対応するマルチパーパスレイヤリングなど、 山と自然を1年中楽しむことができるプロダクトが充実。また bluesign®の認証を受けた素材を世界最高レベルの割合で使用する。

吸い上げた汗を素早く外部へ放出してくれるDRYRIDEを用いたベースレイヤー。ロゴプリントでカジュアルな印象に。¥8580

最高峰のアウターコレクションである[ak]のサージェンスジャケット。ゴアテックスパックライトプラスを採用する。¥46200
タフで動きやすい4ウェイストレッチのコーデュラナイロンを使った[ak]の名作エアーピンパンツ。¥22000
(問)バートン tel:03-4540-6752 www.burton.com

その他バートンに関する記事一覧はこちら

 

033 Columbia(コロンビア)

多くの名作を世に輩出してきたアメリカを代表するアウトドアブランド。今シーズンは、オリジナルテクノロジーをふんだんに採用し、 ハイキング、キャンプ、フェス、フィッシングなどのアクティビティに対応したアイテムが豊富。クリエイターとのコラボにも注目。

独自の吸湿速乾機能であるオムニウィックを搭載したTシャツ。胸のサングラスポケットがあり、裾部分にサングラスクリーナを配備。¥6930
生地に紙繊維を織り込むことで調湿性、ドライ感、通気性を確保。ズレ落ちを防ぐために袖口にゴムを仕込んだ通称バーベスリーブを採用。¥19800
アッパーに防水透湿のオムニテックを採用したレザーシューズ。¥12650

(問)コロンビアスポーツウェアジャパン tel:0120-193-803 www.columbiasports.co.jp

その他コロンビアに関する記事一覧はこちら

 

032 Abu Garcia(アブ ガルシア)

釣り好きであれば、知らぬものがいない1921年創業のスウェーデン発の老舗メーカー。日本でも多くのプロアングラーをサポートしつつ、2019年からは、よりファッション性を高めたコレクション を展開中。機能性は言わずもがなオシャレ感あるグラフィックも秀逸。

3層防水ストレッチ生地と、コットンライクに仕上げた耐 久撥水加工を施したストレッチツイル生地のコンビネーション。フードに収納できるパッカブル仕様。¥23100
コットンライクに仕上げた耐久撥水加工を施したストレッチツイルショーツも「イズネス」とのコラボ。¥18150
「イズネス」とのコラボキャップ。RUN DMCをモチーフとしたロゴ刺しゅうが◎。¥6050

(問)アンシングス tel:03-6447-0135 www.anthings.co.jp

その他アブ ガルシアに関する記事一覧はこちら


031 DAIWA PIER39(ダイワ ピア39)

「大自然と都市をシームレスに繋ぐ架け橋」をコンセプトにした話題の新ライン。今シーズンは好評のミリタリーベースのアイテムに’70sのエッセンスをブレンド。バックボーンにあるフィッシングシーンでの経験やアイデアを日常に落とし込んだ機能美がポイント。

クラシックなライン入りTシャツは、2種類のポリエステルを組み合わせることでバネのようなストレッチ性を実現。¥9350
フィッシングウエアらしいポケットのパターンをシャツ に落とし込んだデザインが秀逸。シワの出にくいストレッチ生地。¥17050
軽量でストレッチ性の高いコンフォートな穿き心地。ポリエステル100%だがコットンのような肌触り。¥22000

(問)グローブライド tel:0120-506-204 https://daiwapier39.jp

その他ダイワ ピア39に関する記事一覧はこちら

030 Foxfire(フォックスファイヤー)

1982年に4型のフライフィッシングベストから始まったフォックスファイヤーは、日本におけるフライフィッシングのパイオニア的存在。長年培った技術や経験を活かし、「クワイエットスポーツ」を テーマに幅広いラインナップを揃えるアウトドアブランドへと発展。

オリジナルのフィッシュアイカモフラージュ柄シャツ。水中の魚眼から見た場合にステルス性が発揮される。 ¥13200
キャスティング時の腕の動作を妨げず、高い収納性を誇るチェストパック仕様のフィッシングタックルベスト。¥19800
透湿性に優れるゴアテックス パックライトのフィールドジャケット。肩ヨークパーツと両胸には耐久性の高いナイロンタッサーを使用。¥39600

(問)ティムコ tel:03-5600-0121 www.foxfire.jp

その他フォックスファイヤーに関する記事一覧はこちら

 

029 HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)

創業者のヘリー・ジュエル・ハンセンは海水や雨から船員たちを守るため、オイルスキンコートを開発した。多くの問題を解決し、水と関わる楽しさを提供するのが、ブランドの140年以上続く哲学。その想いをプロダクトに込め、今シーズンも幅広い世代をサポート。

プロアングラーのアドバイスとブランドのノウハウを融合させたフィッシングジャケット。¥22000
暑さと虫から逃げるため、脇下や顔まわりにメッシュを配置。ポケッタブルだからコンパクトに収納できる。 ¥49500
水を弾き適度な防風性も持 つ。ウエストとショルダーベルトは細かく調整できるので、かがむ動作の多い釣りタイムを快適にサポート。¥19800

(問)ヘリーハンセン 原宿店 tel:03-6418-9669 www.goldwin.co.jp/hellyhansen

その他ヘリーハンセンに関する記事一覧はこちら

 

028 MAMMUT(マムート)

今季は「Fast&Light」をシーズンプロダクトテーマに掲げ、軽量化における山での「安全性、快適性」が山登りをもっと楽しくさせることを提案。また日常生活においても、「動きやすさと軽さ」によって疲労やストレスを軽減するプロダクトを中心に展開している。

ゴアテックス インフィニウムを採用したソフトシェル。ストレッチが効いているので動きやすいことも特徴。¥35200
メインファスナーにフラップが付いたオーセンティックなマウンテンパーカ。防水素材でコンパクトに収納できる。¥24200
ベーシックなポロシャツにクールマックスを組み合わせた高機能な1枚。 汎用性の高さはピカイチと言えそう。¥10450

(問)マムート スポーツグループジャパン tel:03-5413-8597 www.mammut.jp

その他マムートに関する記事一覧はこちら

 

027 karrimor(カリマー)

2021年の春夏シーズンより、ブランドのアイデンティティである移動装備の拡張を目的として2つのレーベルへ進化。「ADVENTURE」をシーズンテーマに掲げたコレクション「Naturestyle」と、日々の暮らしを再定義して機能性と美しさを統合する「Lifestyle」で構成。

撥水加工を施したロング丈のコートは、携帯にも優れたパッカブル仕様。 リュックの有無を問わず、美しいシルエットを保持。¥17600
合計7つものポケットを装備した収納力バツグンなリバーシブルジャケット。撥水加工したボディ素材もポイント。¥20900
肌離れのよい二重構造で4ウェイストレッチのナイロンを使ったトラベル向けショーツ。¥ 10450

(問)カリマー インターナショナル tel:03-3221-6883 www.karrimor.jp

その他ホグロフスに関する記事一覧はこちら

 

026 Haglöfs(ホグロフス)

1914年の創業から大切にしている「最小限で、最大のパフォーマンスを」=「Less Is More」の哲学のもと開発されたL.I.Mシリーズに今シーズンは注力。軽さとパフォーマンスのベストバランスを追求した。日本限定でデリバリーのLIMITED COLLECTIONも期待される。

軽さが求められるアクティビティに合わせて、ゴアテックス®アクティブをボディに採用。¥54450
耐摩耗性に優れ、軽さや速乾性も申し分ない。表面には過フッ素化合物フリーの撥水加工を施す。¥9790
L.I.Mシリーズの最新トレッキングシューズ。サステナブルなProofEcoメンブレンによって防水効果を獲得し、非常に軽量に仕上がっている。¥24750

(問)アシックスジャパン ホグロフス事業部 www.haglofs.jp

その他ホグロフスに関する記事一覧はこちら

 

春の新作はまだまだ! 025〜001は、次ページをチェック!

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout