GO OUT CAMP 冬 2018

2018.12.15〜16@ふもとっぱら
今年で三回目となる「GO OUT CAMP 冬 」。夜は氷点下を大きく下回る冬空のもと、ふもとっぱらには多くのおしゃれキャンパーが集まりました。その中でもひときわ輝きを放っていたおしゃれキャンプスタイルをスナップしました。
Photo/Taizo Shukuri Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-

  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • alfa_camp45さん -GO OUT CAMP冬 2018-

ドームテントに全てを集約した、無駄のない快適な室内。

ベースキャンプ用のテントであるマーモットのレア8Pは、直径4mほどもあるドームテント。付属インナーを取り付けることもできるが、今回はフロアレスにしてシェルター使いにした。

フライを広げると前後に登場する前室がポイントで、これのおかげで暖かな空気が逃げにくくなる。そのため、今回はフジカの石油ストーブのみでも快適な空間を確保していた。大人が立って移動できる広い室内だが、リビング・キッチン・寝室を全て収めようとすると限界がある。

しかし、こちらのサイトでは大きめのアイテムはなるべく持ち込まないことで、室内で全てを完結できるレイアウトを実践していた。マウンテンリサーチのオットマンをテーブルの代わりに使い、大型のクーラーボックスは天然の冷蔵庫として外に配置すれば最低限の氷でも十分冷やしてくれる。

どうしてもかさばってしまうコットをふたつセットできたのも、こうしたギアの配置を工夫しているからこそ。限りあるスペースをうまく活用し、寒さをシャットアウトした室内は、快適そのものである。

 

 

SPEC

  • テント:マーモット/レア8P
  • テーブル:マウンテンリサーチ/オットマン
  • チェア:バイヤーオブメイン/メインラウンジャー
  • コット:ヘリノックス/タクティカルコット
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウス
  • ストーブ:フジカ/ハイペット
  • クーラーボックス:イエティクーラーズ/ローディ、シアトルスポーツ/ソフトクーラー

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル