GO OUT CAMP 冬 2018

2018.12.15〜16@ふもとっぱら
今年で三回目となる「GO OUT CAMP 冬 」。夜は氷点下を大きく下回る冬空のもと、ふもとっぱらには多くのおしゃれキャンパーが集まりました。その中でもひときわ輝きを放っていたおしゃれキャンプスタイルをスナップしました。
Photo/Taizo Shukuri Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-

0 Shares

  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-
  • タカミーさん/ヤスミーさん -GO OUT CAMP冬 2018-

D.I.Y.アイテムを駆使し、使い勝手と快適さを兼ね備える。

まだまだ人気の衰えないノルディスク。今となっては珍しい、アスガルドの前進モデルであるスー400は、一般的に見るワンポールテントよりも小さいサイズ。保温効果の高いコットンテントだが、外に置きたくないキッチンを室内に入れたり、ストーブといった暖房器具を入れたりと、どんどん室内スペースが手狭になってしまう。

そこでタカミーさんは自作の2股ポールでテントを設営。これにより、真ん中のポールを気にすることなくギアを配置できるようにしていた。

ほかにも、キッチン台はあえて使わず、料理もできるほど広いテーブルを作成。脚を少し高めにすれば、座高の高いローバーチェアでも座ったまま楽に調理ができるそう。

このまま鍋やプレート料理を楽しめるので、この季節のキャンプ飯を楽しむにはベストなレイアウトと言える。また、ゴミ箱やカトラリー類を入れたボックスも手の届く範囲にセットでき、導線にも無駄がない。アルパカのストーブはコンロとして代用するなど、冬キャンプならではのギア活用法はぜひ参考にしたい。

 

 

SPEC

  • テント:ノルディスク/スー400、ヒルバーグ/サイタリス
  • テーブル:自作
  • チェア:フィルソン/ローバーチェア
  • ストーブ:アルパカ
  • ランタン:ペトロマックス/HK500
  • クーラーボックス:イエティクーラーズ/ローディー、シアトルスポーツ/ソフトクーラー

0 Shares

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル