GO OUT CAMP 冬 2018

2018.12.15〜16@ふもとっぱら
今年で三回目となる「GO OUT CAMP 冬 」。夜は氷点下を大きく下回る冬空のもと、ふもとっぱらには多くのおしゃれキャンパーが集まりました。その中でもひときわ輝きを放っていたおしゃれキャンプスタイルをスナップしました。
Photo/Taizo Shukuri Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-

  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-
  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-
  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-
  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-
  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-
  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-
  • まっちさん/はるさん-GO OUT CAMP冬 2018-

ナチュラルテイストにミリタリーを加え、サイトをスタイリッシュに昇華。

プエブコのアイテムを上手に活用し、ミリタリーカラーで統一も男臭くなりすぎない、都会的な雰囲気が漂うスタイリッシュな空間に仕上がっていたこちら。

どのコーナーもスキがなく、ギアの素材選びも絶妙だ。テーブル代わりのバスケットや赤いマグカップなど、差し色はヴィンテージものでプラスすることで全体の統一感を崩さない工夫が。レトロな風合いの白いテントは、黒い煙突が突き出し秘密基地の様相だ。

生地は10オンスの極厚コットン100%なので、火の粉に強く防水、撥水性も抜群。煙突ホール付きのエンドカバーを装着すればテント内に薪ストーブを設置可能なモデル。このユニークな形を上手に利用したレイアウトは参考にしたい。

ホークアイのグリーンのピクニックバスケット、角のランタンハンガーもポイントに。テントは片面を全開にしているので日中は寝る場所を作らず、幕を閉じてからサーマレストのインフレータブルマットとマイナス15度まで対応のモンベルの寝袋を出して過ごしている。

 

SPEC

  • ■テント:フォレストリバー/キャンプファイヤーテント
  • ■チェア:オンウェー/ローチェア
  • ■ランタン:コールマン/LEDランタン、レイルロードランタン、ヴェイパラックス/M320
  • ■薪ストーブ:新保製作所/ロマンチカル薪ストーブ
  • ■マット:サーマレスト/インフレータブルマット

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル