極地まで対応する、7段階のレイヤリングシステムを解剖。【米軍の戦闘服「ECWCS」とは?#2】

LEVEL 4 薄くて軽いウインドシェル。

気温が氷点下を下回らない、比較的暖かい気候の際に着用が推奨されているレベル4。いわゆるウインドシェルの類だが、ポケットやワッペンベースの配置は軍用品ならでは。また生地もアウトドア用のものに比べると、やや厚手で堅牢性の高いものが使われている。

WIND SHIRT
ECWCSアイテムで唯一パタゴニアが供給していたのがこちらのウインドシャツ。迷彩はUCP(Universal Camouflage Pattern)と呼ばれるデジタルカモ。’05年、第三世代。¥21600

 

COLD WEATHER WIND JACKET
撥水加工が施された、薄くストレッチ性のあるマルチカム迷彩生地を使ったウインドジャケット。BLIND INDUSTRIES AND SERVICES OF MARYLAND社製。’11年、第三世代。¥19440

 

LEVEL 5 快適性に優れるソフトシェル。

第二世代までアウターはゴアテックスのハードシェルのみだったが、2007年に登場した第三世代では撥水加工を施したソフトシェルがレベル5として登場。悪天候時以外の寒冷下では、ゴアテックスのレベル6ではなく、こちらの着用が推奨されるようになった。

COLD WEATHER SOFT SHELL JACKET & TROUSERS
防風・通気性を持ち伸縮性にも優れたソフトシェルのセットアップ。ボトムは靴を履いたまま脱着できるようファスナーが付属。上/’14年・下/ ’13年、第三世代。¥47304

 

LEVEL 6 ゴアテックス採用のハードシェル。

1985年の登場以来、ECWCSを象徴するアイテムとなっているのが、このゴアテックスパーカ。ウッドランド迷彩のものは古いモデルだが、これが真っ先に思い浮かぶというヒトは多いだろう。最初期のモデルはマーモット社のレインシェルがデザインの元になっている。

COLD WEATHER PARKA(2nd)
右の前期型に続く中期型はフードの脱着式ファーが 最大の特徴。前立てが太くなるなどの細かい変更も見られる。TENNESSEE APPAREL社製。’00年、 第一世代。¥19990

 

US NAVY WORKING PARKA
こちらもECWCSのジャケットから派生した海軍仕様のもの。右の空軍仕様もそうだが、陸軍のものとはディテールに違いが見られる。TENNESSEE APPAREL社製。’08年。¥15120

 

次ページでは、最強の防寒性を誇るLEVEL 7をご紹介。

  • AIR FORCE APECS PARKA
ECWCSから派生した空軍仕様のジャケットで、デジタ ルタイガーストライプと呼ばれるABU迷彩をまとう。胸部分にもポケットが付属。TENNESSEE APPAREL社製。'08年。¥12960
  • EXTREME COLD/WET WEATHER TROUSERS
こちらも薄く軽量性に優れたパックライト生地を使ったレインパンツ。裾からヒザ上までファスナーが大きく開くので靴を履いたままで脱着が可能。'07 年、第三世代。¥25380
  • COLD WEATHER FLEECE JACKET
保温性に優れたサーマルプロに、伸縮性のあるパワードライグリッドを両脇にあしらったフリースジャケット。襟や肩、肘にはナイロン補強済み。'16年、第三世代。¥16200
  • 右のモデルの色違いと思われるが、パッチがしっかりと残っている個体は比較的珍しい。パッチからその個体の背景を想像するのも楽しいものだ。ADS社製。'07年、第三世代。¥23652
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル