極地まで対応する、7段階のレイヤリングシステムを解剖。【米軍の戦闘服「ECWCS」とは?#2】

組み合わせ次第であらゆる環境に対応可能な、画期的レイヤリングシステム。

アウトドアウエアのレイヤリングから着想を得て開発されたアメリカ軍の戦闘服システムECWCS(エクワックス)。極端な寒冷地でも対応できるよう、レベル1〜レベル7まで段階的にアイテムが用意されており、それらの組み合わせにより、あらゆる環境に対応できるようになっている。

今回は、この7段階のアイテムを、レベル1のベースレイヤーから順を追ってご紹介していく。

ECWCSの背景やポイントについてはこちらの記事をチェック!

LEVEL 1 身体にもっとも近いベースレイヤー。

レベル1は基本的にほとんどの状況で着用することになるベースレイヤー。化繊の吸汗速乾生地を採用し、汗をかいても体をドライに保つのはアウトドアウェアの考え方とまったく一緒。薄くて軽いシルクウェイトタイプから少し厚手のものまで、いくつかの種類がある。

SILKWEIGHT UNDERSHIRT & DRAWERS
ポーラーテックのポリエステル素材によるアンダーウエアの上下セット。摩擦防止のフラットロックシーム、袖口にサムホール付き。PECKHAM社製。’06年、 第二世代。¥5616

 

LEVEL 2 保温性を高めるセカンドレイヤー。

氷点下になる環境で着用を推奨されているセカンドレイヤー。保温性が高いだけでなく、通気性や吸汗性にも優れるポーラーテック社 のパワーグリッドが採用されており、レベル1やレベル3と組み合わせるだけでなく、単体でベースレイヤーとして使うこともある。

COLD WEATHER MID WEIGHT SHIRT
ポーラーテック社のパワーグリッドフリ ースを採用。袖口にサムホール、衿元にはファスナートップが肌に干渉しないようにカバーを装備。PECKHAM社製。 ’07年、第三世代。¥3024

 

LEVEL 3 万能で耐久性に優れるフリース。

アウトドアウエアの世界では化繊インサレーションの台頭により、 主流ではなくなってきたフリースだが、軍用品としては未だ健在。やはりタフで扱いやすい点が重宝するのだろう。擦り切れやすい袖が補強されていたり、ワッペンベースが備わるのも軍用品ならでは。

COLD WEATHER FLEECE JACKET
ボアフリースをベースにパワーグリッドフリースを身頃脇に採用した。首や肩、腕には補強用ナイロンも装備。GOODWILL INDUSTRIES OF SOUTH FLORIDA社製。’07年、第三世代。¥13824
COLD WEATHER SYNTHETIC FLEECE SHIRT
第一世代のミッドレイヤーはパイル素材だったが、この第二世代ではじめてフリースが採用された。近年のものとはディテールに違いが見られる。PECK HAM社製。’03年。¥10584

 

LEVEL 4〜6は、次ページをチェック!

 

  • AIR FORCE APECS PARKA
ECWCSから派生した空軍仕様のジャケットで、デジタ ルタイガーストライプと呼ばれるABU迷彩をまとう。胸部分にもポケットが付属。TENNESSEE APPAREL社製。'08年。¥12960
  • EXTREME COLD/WET WEATHER TROUSERS
こちらも薄く軽量性に優れたパックライト生地を使ったレインパンツ。裾からヒザ上までファスナーが大きく開くので靴を履いたままで脱着が可能。'07 年、第三世代。¥25380
  • COLD WEATHER FLEECE JACKET
保温性に優れたサーマルプロに、伸縮性のあるパワードライグリッドを両脇にあしらったフリースジャケット。襟や肩、肘にはナイロン補強済み。'16年、第三世代。¥16200
  • 右のモデルの色違いと思われるが、パッチがしっかりと残っている個体は比較的珍しい。パッチからその個体の背景を想像するのも楽しいものだ。ADS社製。'07年、第三世代。¥23652
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル