OUTDOOR STYLE ROOMS

D.I.Y.によるオリジナルな仕様や、アウトドアテイストとインドアをMIXしたインテリアなどテーマやコンセプトのある部屋をズラリとコレクション。どれも見ごたえ十分。

ジャッキー・ボーイ・スリムさん(JINDAIJI MOUNTAIN WORKS プロデューサー)

  • ジャッキー・ボーイ・スリムさん(JINDAIJI MOUNTAIN WORKS プロデューサー)
  • ジャッキー・ボーイ・スリムさん(JINDAIJI MOUNTAIN WORKS プロデューサー)
  • ジャッキー・ボーイ・スリムさん(JINDAIJI MOUNTAIN WORKS プロデューサー)
  • ジャッキー・ボーイ・スリムさん(JINDAIJI MOUNTAIN WORKS プロデューサー)
  • ジャッキー・ボーイ・スリムさん(JINDAIJI MOUNTAIN WORKS プロデューサー)

自転車ギアのガレージ的スペースを、愛犬と過ごすリビングルームに確保。

高尾山の麓で愛犬と共に外遊びライフを満喫しているジャッキーさん。 リビングの一角には、趣味の自転車とトレッキングのギアを有孔ボードにディスプレイしたガレージ的スペースを確保。

「自転車の整備を室内でやりたいのもあるけど、自転車好きにはこうやってフレームや部品を 並べて眺めているだけで、テンションがアガるんですよ。それに工具箱に収納するよりも見やすいから、実用的なんです」。

さらに、自身のブランドJMWも本格始動させたため、アトリエスペースも確保。こちらも有孔ボードをフル活用し、必要な資材が一覧できる状態となっている。

アトリエには、アウトドアに関連する様々な本も並んでいる。「JMWは、ハイク、バイク、フィッシュ&ライフをコンセプトにしたブランド。犬用アイテムも企画中です」。

アトリエの作業台でも有孔ボードは大活躍。「なるべくいろんな素材を試したいから、アウトドアファブリックスのバリエーションは、かなりほう多いかも。生地の素材感や色からインスピレーションを受けることも多いですね」。

壁一面を見せる収納にしたリビングには、愛車を2台収納。愛犬ミンガスの定位置は、エル・エル・ビーンのドッグベッドと、フルッタのドッグシュラフ。「ベッドはエア仕様、犬は丸くなって寝るから、シュラフは丸型。高尾の冬は寒いけど、これならミンガスも満足なはず」。

Photo/Sosuke Shimizu
Report & Text/Masatsugu Kuwabara

SPEC

  • エリア:東京都八王子市
  • 間取り:3LDK
  • 住宅形態:一戸建て(賃貸)
  • 住居年数:1年半
  • 築年数:4年

その他のLivin'

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル