GO OUT JAMBOREE 2018

2018.4.13〜15@ふもとっぱら
富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて行われる国内最大級のキャンプイベントとして回を増すごとに盛り上がりを見せる「GO OUT JAMBOREE」。2018年は悪天候に見舞われながらも、全国から7000人以上のキャンプ好きが集まった。その中から、おしゃれなキャンプスタイルをピックアップ。

サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-

  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-
  • サボテンブラザーズのクラさん/ヒデさん/パンさん  -GO OUT JAMBOREE2018-

テントというより優雅なコテージ。大型テント内に2段ベッドが登場。

超大型タープに大型のロッジテントと、3人で過ごすには十分な広さを確保したクラさんのテントサイト。室内に入ると、ダイニングスペースのほか、広めのソファが配置されていた。驚くことに、そのソファはなんと2段ベッドに変身するという。

カム・オ・バンはアメリカのメーカー。取り扱いは主にこのベッド兼ソファだが、軍や災害派遣時にも使われているというハイスペックなアイテムを生み出している。持ち運ぶのに多少の重さはあるものの、10分もあれば組み上がりソファからベッドへ変えるのも簡単で、その寝心地は最高。

ロッジ型の堅牢な室内に2段ベッドが置かれ、まるでコテージ泊している気分になる。こんな空間で寝れば、キャンプの疲れも吹き飛びそうだ。

Photo/Kenichi Sugimori
Text/Shiyori Kawamura(RIDE MEDIA&DESIGN)

SPEC

  • テント:マルシャル/パラス6
  • タープ:ユニフレーム/ビッグタープ
  • テーブル:カステルメルリーノ/ハイ&ローテーブル、ハイランダー/ロールトップテーブル
  • チェア:パティオ/ディレクターズチェア、カム・オ・バン/ディスク・オ・ベッド
  • ランタン:ジェントス/エクスプローラ、キャプテンスタッグ/ファン付きLEDランタン

その他のGO OUT JAMBOREE 2018

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル