OUTDOOR CAR STYLE PART4

アウトドアなクルマを愛車にする達人たちのリアルスタイルをリサーチ。カテゴリー やスタイルはさまざまだけど、みなさんジブンに似合う相棒的な1台にめぐり会っている様子です。
Photo/Fumihiko Ikemoto、Sosuke Shimizu、Hisayuki Tsuchiya Report & Text/Masatsugu Kuwabara、Naoto Matsumura

仕事やサーフィンライフだけでなく、移動型音楽店にもなるワンボックス。(TOYOTA/’89 MASTERACE SURF)

  • 仕事やサーフィンライフだけでなく、移動型音楽店にもなるワンボックス。(TOYOTA/’89 MASTERACE SURF)
  • 仕事やサーフィンライフだけでなく、移動型音楽店にもなるワンボックス。(TOYOTA/’89 MASTERACE SURF)
  • 仕事やサーフィンライフだけでなく、移動型音楽店にもなるワンボックス。(TOYOTA/’89 MASTERACE SURF)
  • 仕事やサーフィンライフだけでなく、移動型音楽店にもなるワンボックス。(TOYOTA/’89 MASTERACE SURF)
  • リアシートはゆとりがある作りで、サードシートと対面式にすることも可能。
  • リアシートはゆとりがある作りで、サードシートと対面式にすることも可能。
  • ガルウイングみたいに開閉する、スカイライトルーフと呼ばれる天窓も特徴。
  • クール&ホットボックスも装備。
  • サーフボードを載せたスーリーのルーフキャリアも、いなたいルックスにマッチ。
  • 80年代のリーシュコードメーカーや、70年代のサーフ雑誌のステッカー。「当時はこんな感じかなと再現してみました」。

トロピカル松村さん/編集&ライター

購入 : 2018年/専門店(アメリカンクラシックス)

エディターの松村さんが、仕事や趣味のサーフィンで愛用しているバンが、マスターエースサーフ。北米トヨタのバンを国内向けにアレンジしたモデルで、キャンパーらしいルックスが特徴的。

80年代特有のラグジュアリーな雰囲気を醸し出したグランドサルーンという最上位モデル。「先輩のウエストファリアと並べてみても負けていない、いい感じのアメリカの匂いを出しているんじゃないかと」。

「トロピカルレコードという、海の音楽を集めた移動型音楽店もやっているので、このクルマにレコードを詰め込んで走ることもあります」。昨年は4万kmほど走ったけど、大きな故障もなく快適だとか。

「これに日本最古のメーカー、ダックスのサーフボードを載せて、加山雄三が着たトレーナーで海に行くのが好き(笑)」。

 

その他のOUTDOOR CAR STYLE PART4

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout