達人たちの、愛用ギア拝見。春キャンプ気分を盛り上げる逸品勢揃い。#2

いよいよ本格的なキャンプシーズンがスタート!! ということで、おしゃれ外遊び派が頼りにする定番から自慢の逸品、この春投入予定のニューカマー まで、愛用ギアをたっぷり拝見してきました。今年はどんなアイテムを使おうかと検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。

今回はOUTDOOR SHOP DECEMBER目黒の店長・伊藤さんの男前なギアラインナップを拝見!

達人たちのギア拝見。一覧はこちら

昔懐かしいレトロなギアと楽しむ、春キャンプ。

伊藤 麗/OUTDOOR SHOP DECEMBER目黒 店長

オリジナルブランド「ダイス」だけでなく、昭和レトロなセレクトギアと独自の世界観でキャンパーから人気の高い山形発「OUTDOOR SHOP DECEMBER」の目黒店で店長を務める。内装などオーナー自ら手作りした店舗内には、その時しか出会えない1点ものも数多く並ぶ。

昔懐かしい日本メーカーの商品をはじめ、ヴィンテージと一括りにできない独自の世界観を作るショップ「ディセンバー」。2018年にオープンした目黒店で店長を務める伊藤さんも、絶妙なセンスが光るギアセレクトを披露してくれた。「時代を問わず長く使える」と選んだギアは、無駄な装飾のないシンプルな造り、かつ機能性も必要最低限のものが好み。特に最近は日本製のレトロなアイテムを多用中。

「昔の道具は機能性では劣りますが、デザインは今もカッコいいと思えるし、どんな雰囲気にもマッチしてくれる。これからも使い続けたいです」。

ナショナルのRF-888

1970年代に流行った短波ラジオの中でも、当時人気の「クーガ」シリーズのひとつ。大きなスピーカーが大胆で迫力のあるデザイン。「上部パネルでトーンコントロールでき音質もいい」。

プリムスのツーバーナー

「とにかくカラーリングが可愛くてお気に入り」 というプリムスのヴィンテージ2バーナー。コンパクトに畳めるボディはバッグのように持ち運びできる。状態もよく、現在も大活躍中だ。

東京トップのキャンドルランタン

その昔、登山で使われていたランタン。「小さな窓から見えるロウソクの灯りがゆっくりとした夜を過ごすのにピッタリです」。 赤い屋根と雲母ガラスを使った窓とレトロなデザインが目印。

象印のジャグ

真っ赤なボディがレトロさを加速させているヴィンテージ品のジャグは、あまり見かけないレア物。象印らしくタンク内は二重構造でしっかりと保温してくれるなど、機能性はバツグンだ。

ダイワのクーラーボックス


釣具メーカー、ダイワのヴィンテージアイテム。 「アメリカンなステーションワゴンを思わせるウッドパネルのほか、スチール製のバックルに赤いサークルラインがキャンプにぴったり」。

  • Photo/Chie Kushibiki,Seiji Sawada
  • Text/Showgo Komatsu,Hikaru Kamo,
  • Shiyori Kawamura(RIDE MEDIA&DESIGN)

 

外遊びの達人たちの愛用ギアをもっと見るなら……!!

別冊ゴーアウトの人気シリーズ最新刊「CAMP GEAR BOOK vol.4」絶賛発売中! 今回は、総勢42名ものキャンプ通たちが選ぶ、機能もデザインも大満足な愛用ギアたちをたっぷりご紹介! ここで紹介した他にも、レアなギアや今期注目のギアがたくさん詰まった1冊となっているので、下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニ、電子書籍でぜひお求めください。

■別冊GO OUT CAMP GEAR BOOK vol.4 定価¥1100

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout