冬キャンプな、クルマスタイル。こだわり満載の個性派揃い! #4

12月14~15日、極寒のふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP 冬 2019。風もなく天候に恵まれたふもとっぱらには、おしゃれなテントサイトがずらり。と同時に、キャンパーたちのアウトドア派な愛車たちも所狭しと並んでいました。もちろん国産車から外遊び好きに人気の海外車までフル網羅。

そこでオーナーたちのこだわりが詰まったクルマスタイルを厳選取材!

その他の「冬キャンプな、クルマスタイル」は下記をチェック!
冬キャンプな、クルマスタイル。こだわり満載の個性派揃い! #1
冬キャンプな、クルマスタイル。こだわり満載の個性派揃い! #2
冬キャンプな、クルマスタイル。こだわり満載の個性派揃い! #3

【SUZUKI/Jimny】大型キャリアでエッジの効いたボディを強調。

OWNER:terateradaysさん

2019年のWCOTY(ワールドカーオブザイヤー)で「ワールドアーバンカー」を受賞した四代目ジムニー。世界的に評価されるデザインは、もちろんキャンパーにも大人気だ。

「角張ったデザインとアウトドア仕様の雰囲気が気に入りました」と話すオーナー。ルーフ全体を覆うTUFREQのキャリアでエッジの効いたボディを強調し、また旧型ジムニーをモチーフとしたフロントグリル(純正オプション)により、武骨なアウトドアテイストを演出している。

こちらのクルマの詳細は、こちらのページをチェック!

 

【Renault/Kangoo】スタイルだけでなく使い勝手も上々!

OWNER:飯田さん

おしゃれキャンパーの定番車「カングー」。力みのない洗練されたスタイルと充分な積載量で、スタイリッシュなファミリーキャンプを行う家族にとって、うってつけの一台だ。

気に入っている点は「まずはスタイルですね。あとは小回りがきくので運転しやすいです」とのこと。外見がおしゃれなだけでなく、運転のしやすさ、荷物の積み下ろしのしやすさもカングーの見逃せない魅力だ。柔らかな印象のカラーが、オーナー家族の雰囲気にじつによくマッチしていた。

こちらのクルマの詳細は、こちらのページをチェック!

 

【TOYOTA/LAND CRUISER PRADO】キャンプを始めて好みが一変!

OWNER:hi._.dekiさん

カスタムのベース車として人気の「95プラド」。カスタムする方向はもちろんゴリゴリのアウトドア仕様だ。多くのショップが手がけており、自分の好みに合った一台に仕上げられる。

以前はSUVに興味がなく、プリウスに乗っていたそうだが、キャンプを始めたことで好みが一変。キャンプギアが増えて積載が苦しくなると迷わず95プラドに買い替えた。「頼りになる積載量で助かってます」と話すオーナーは、毎週のようにキャンプに出かけ、キャンプ中心の生活を送っている。

こちらのクルマの詳細は、こちらのページをチェック!

 

【GMC/Suburban】頼れる父親を象徴するような一台。

比較的おなじみのアメ車「サバーバン」だが、こちらはGMC版。男らしい面構えは硬派そのもので、頼れる父親を象徴するような一台だ。

「トラックのような乗り心地です」とのことで、ノーマルでも車高は充分に高く、ホイールはなんと8穴というヘビーデューティ仕様。オーナーは以前、2002年式のサバーバンに乗っていたそうだが、よりカクカクしたスタイルを求め、憧れていた7代目の2500シリーズに乗り換えた。

こちらのクルマの詳細は、こちらのページをチェック!

この他にもアウトドア系のクルマスナップは盛りだくさん! おしゃれアウトドア的なカースタイルをこちらからチェック。

Photo/Takuma Utoo

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル