おしゃれ外遊び的な、愛車スタイル拝見。#1

街ではスタイリッシュで、フィールドでは頼れて、なによりジブンのライフスタイルにフィットする相棒的な存在と出会った達人たちが、お気に入りの愛車を披露。第一弾は90年代のネオレトロ路線やレアな限定車など4台をピックアップ!

山遊びのためのジムニーが、ビール屋の営業車に大変身!! – SUZUKI/JIMNY(’98)-

OWNER:池田周平さん(高尾ビール代表)
購入:2015年/専門店(アールブイ・ファクトリージムニー工房)

アクティビティを楽しむオトナたちに定番人気のジムニー。山遊びを趣味とする池田さんは、5年ほど前に都内から高尾に移住。その際に購入したのが、このジムニー。

「山遊び用として購入したのですが、もっぱらビール屋の営業車として活躍しています。ビアタップを装着したので、このままイベント出店できちゃうんですよ」。

こちらのクルマのディテール・詳細は、こちらから!

Photo/Takahiro Tsuji Report&Text/Tamaki Itakura

 

スクエアでクラシカルな見た目と、サーフィンでの実用性が魅力。- VOLVO/940GLE(’94)-

OWNER:池谷翔大さん(URBAN RESEARCHプレス)
購入:2017年/専門店(ワンズ)

ステーションワゴン740の後継として1990年から約8年間製造された940。オールドボルボならではの角ばったデザインが特徴的。

池谷さんが購入したのは2年半ほど前。「サーフボードを積むのに使い勝手の良いステーションワゴンタイプと、普遍的なデザインが気に入ってこのクルマに決めたんです。ロングドライブが苦にならない居住空間の広さも良いところですね」。

こちらのクルマのディテール・詳細は、こちらから!

Photo/Shouta Kikuchi  Report&Text/Tamaki Itakura

 

ラフなキャンプスタイルが似合う、エル・エル・ビーン仕様。- SUBARU/FORESTER L.L.Bean EDITION(’06)-

OWNER:井田信之さん(スタイリスト)
購入:2018年/中古車販売店(エバーグリーンオート)

井田さん初のマイカーは、フォレスターのエル・エル・ビーン限定車。「家とクルマは旧いほうが好みだけど、ヴィンテージカーだと故障が心配。それで、これくらいの年代のクルマを探していて出会ったのがこの1台。

この愛車を手に入れてからキャンプ熱も高まっているとか。「せっかくなので、このクルマが似合う、いなたいキャンプスタイルを楽しみたいです」。

こちらのクルマのディテール・詳細は、こちらから!

Photo/Fumihiko Ikemoto Report&Text/Masatsugu Kuwabara

 

初代テラノの武骨な見た目と、走破性の高さが好み。- NISSAN/TERRANO(’95)-

OWNER:高橋将氣さん(ヘアメイク)
購入:2018年/中古車ディーラー

1986年にデビューし、パリダカをはじめ多くのオフロードレースに参戦してきたニッサン テラノ。スクエアなデザインは、いかにも90年代のオフローダーを象徴するカタチだ。

「このカタチが好きでずっと探していたんですが、中古車市場でもコンディションの良い個体を見つけるのに苦労しました。前オーナーがテラノを数台乗り継ぐテラノ好きだったらしく、コンディション抜群です」。

こちらのクルマのディテール・詳細は、こちらから!

Photo/Shouta Kikuchi Report&Text/Tamaki Itakura

 

GO OUT vol.119には、外遊び好きたちの愛車スタイルが満載!

ここで紹介した他にも、絶賛発売中のGO OUT vol.119には、おしゃれアウトドアな愛車スタイルがまだまだ! さらに、アウトドア的なインドアグッズや最新のスポーツウォッチなどを多数掲載しているので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニを今すぐチェックしてみて!

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.119 定価 ¥780

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル