日本全国「お風呂に入れるキャンプ場FILE」セレクト45。(2020.2.21 更新)

146 Shares

 

【栃木県】キャンプラビット

全面林間の大型オートキャンプ場。

栃木県那須町の高原にあるキャンプラビットは、12000坪の広大な敷地に150区画もの林間サイトを持つオートキャンプ場。テントサイトは小砂利が敷きつめられていて、水はけもバツグン!全サイト直火OKだから、じっくり焚き火を楽しめます。

自慢の貸切露天風呂は、沸かし湯ではありますが、かけ流しで常に清潔。家族でゆっくりと情緒たっぷりの旅館気分を味わえます。

もっと“キャンプラビット”を知りたい方はこちらをチェック!

キャンプラビット
・場所:栃木県那須郡那須町大字豊原丙4387-1
・tel:0287-77-2721
・営業期間:3月15日~11月30日(冬季休業)
・キャンプ場公式サイト:http://www.camp-rabbit.com/

 

【栃木県】ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

サーキットと隣接する異色のスポット。

栃木県にある森と星空のキャンプヴィレッジは、日本有数のレーシング場「ツインリンクもてぎ」の中にあるキャンプ場。サーキットと隣接しているから、日中はレースを観戦したり、気軽にモータースポーツを楽しめるのも個性的。

キャンプ利用中は隣接するホテルのお風呂「のぞみの湯」に入り放題! 露天風呂からは、那須の美しい山々と広大なサーキットを一望できます。

もっと“森と星空のキャンプヴィレッジ”を知りたい方はこちらをチェック!

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ
・場所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
・tel:0285-64-0489
・営業期間:通年営業
・キャンプ場公式サイト:https://www.twinring.jp/f-glamping/

 

【栃木県】塩原グリーンビレッジ

温泉好きキャンパー必見!湯めぐりができるキャンプ場。

栃木県の塩原温泉郷の一角、福渡温泉に位置する塩原グリーンビレッジは、25,000坪もの広大な敷地を持つキャンプスポット。56㎡~180㎡まで大小様々なテントサイトがあり、使い勝手が良いと評判です。

場内の各所に天然温泉があり、キャンプ宿泊者は貸切風呂以外の入浴が無料!貸切風呂も特別価格で入れるから、キャンプしながら湯めぐりができちゃいます。

もっと“塩原グリーンビレッジ”を知りたい方はこちらをチェック!

■塩原グリーンビレッジ
・場所:栃木県那須塩原市塩原1230
・tel:0287-32-2751
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:https://shiobara-gv.net/

 

【栃木県】みよりふるさと体験村

無人駅の目の前! 空き地を利用した玄人向けスポット。

みよりふるさと体験村は、栃木県日光市の無人駅「中三依温泉駅」の目の前にある空き地のキャンプ場。設備は最低限ですが、その分自由度も高く、日光の自然と野営を楽しむには絶好の環境です。

キャンプ場の中心には、源泉100%の温泉「男鹿の湯」があり、キャンプ宿泊中は、無料で入り放題!浴室の大きな窓からは芝草山を望むことができます。※男鹿の湯の定休日はホームページでチェック。

もっと“みよりふるさと体験村”を知りたい方はこちらをチェック!

みよりふるさと体験村
・場所:栃木県日光市中三依423
・問い合わせ(mail):info@nakamiyori.com
・営業期間:3月~11月
・キャンプ場公式サイト:https://www.nakamiyori.com/

 

【群馬県】北軽井沢スウィートグラス

東日本屈指のハイグレード!浅間山を臨む広大なキャンプ場。

北軽井沢にあるスウィートグラスは、浅間山を臨む美しいロケーションと、広大なフィールドが人気。多彩なテントサイトをはじめ、その広い敷地を活かした宿泊施設は、全部でなんと40種類! 1年を通して快適にアウトドアを楽しむことができる高規格スポットです。

場内にあるお風呂は、個室で貸切のセルフ風呂。お家の浴室のようなリラックスできる作りでありながら、浅間高原の森林資源を利用した薪炊き風呂は、身体の芯まで温まると人気です。

もっと“スウィートグラス”を知りたい方はこちらをチェック!

北軽井沢スウィートグラス
・場所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
・tel:0279-84-2512
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:https://sweetgrass.jp/

 

【群馬県】猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場

100%源泉かけ流し温泉が人気のスポット!

猿ヶ京温泉街から徒歩5分ほどの場所にある湯島オートキャンプ場。炊事棟と広場を中心に、その周りを約50のテントサイトがぐるりと囲んでいて、どこにテントを張っても水場が近いのが魅力です。また、近くに赤谷川や赤谷湖があり多彩なウォーターアクティビティで遊べるのもポイント。

場内にあるお風呂は、源泉100%の天然温泉。かけ流しだからいつでも綺麗な温泉に入れます。しかもキャンプ利用者は無料で何度でも入れるのも嬉しいところ!

もっと“猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

■猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場
・場所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150-1
・tel:0278-66-1126
・営業期間:3月~12月
・キャンプ場公式サイト:https://www.mantenboshinoyu.com/auto.html

 

次ページでは、首都近郊のキャンプ場をご紹介!

 

Tags

146 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout