都内初となるアルペンのフラッグシップストア「Alpen TOKYO」がついにオープン!! 気になる内部に潜入。

GO OUT編集部

超大型の売り場に圧倒的なアイテム数を揃えるAlpen(アルペン)。柏のフラッグシップストアをはじめ、全国に展開されているアウトドアーズやマウンテンズは、もはや外遊び好きたちが足繁く通う鉄板スポットとなっています。

そんなアルペンの都内では初となるフラッグシップストア「Alpen TOKYO(アルペン トーキョー)」が、2022年4月1日(金)よりついにオープン!

場所は、新宿駅東口から徒歩約1分のユニカビル。西武新宿駅の向かいにそびえるあのビルです。地下2階、地上8階建ての大型商業ビルで、これが丸々アルペンになったというから、気になります。ということで先日行われた内覧会にGO OUT編集部も参加し、ひと足お先にその内部を拝見してきました。

全10フロアからなるアルペン トーキョーのフロアマップ。アウトドアアパレル&ギアの「アルペンアウトドアーズ」だけでなく「スポーツデポ」「ゴルフ5」の3つの業態を1カ所に集積されており、スポーツ用品も充実。フロアごとにカテゴライズされ初めてでも目的のアイテムを探しやすくなっています。

Table Of Contents : 目次

総勢240のブランドのアウトドアギアが集結!

まず何と言っても気になるのが4、5階のキャンプフロア。4Fフロアでは、キャンプの魅力を総勢240ブランド、約7万点という数のアウトドアアイテムが陳列され、「LIVing」「DINing」「SLEEPing」に加えて新宿店で新設される 「AKARI」「TAKIBI」「SOLO」「FOOD」といったシーンごとにカテゴライズされた売り場でキャンプの場面を想定しながらショッピングが楽しめます。

新宿店で新たに設立された「TAKIBI」エリア。合計100品番以上の焚火台が勢揃いするほか、難燃グッズなど焚き火で使用できるアイテムも目白押し。
エリア正面ではGO OUTが監修した焚き火ディスプレイを展開しています。
こちらは、アルペンアウトドアーズ初となる「SOLO」エリア。人気沸騰中のソロキャンプに向けたエリアで、1人用テントや小型焚き火台など、ソロキャンプで活躍する選りすぐりのアイテムが並ぶ。
5階には、壁一面を埋め尽くすほどの多種多様なペグの数々。

人気のアウトドアアパレルも超充実。

3階には、ますます人気が加速しているアウトドアアパレルがラインナップ。ザ・ノース・フェイ スやパタゴニア、チャムス、コロンビアなど、総勢21のブランド、約17,000点の人気ブランドのアイテムが並びます。キッズの展開も豊富なので親子お揃いのコーディネートも楽しめそうです。

ゴルフやスポーツ用品フロアも必見!

アウトドアだけでなく、最近アパレルブランドの参入も相次ぎ、人気沸騰中のゴルフカテゴリーをはじめ、サッカーやバスケ、野球にテニスなど、スポーツ用品エリアもコンセプチュアルなデザインとなっていて、アルペンに訪れた際には合わせてチェックしておくべし!

6,7階は「ゴルフ5」のフラッグシップストアとなっており、クラブからシューズ、アパレルまで、全て揃う圧巻の在庫数を誇る。全部で4種類8打席もの試打席が用意されているのもポイント。
2階のサッカーフロアには、選手の控えるベンチさながらレカロシートを設置。壁一面に展開されるシューズを選手になった気分で試し履きできる。
1階バスケエリアでは、コートをイメージしたネオン管がお出迎え。現役NBAプレーヤーのモノクロパネルもファン垂涎の演出。
地下1階にはテニス用品のほか、バドミントン、卓球用品が展開される。
地下2階の野球フロア。スイングスペースも用意されており、じっくりと買い物を楽しめる。

これまで郊外にある大型店というイメージであったアルペン。休日を使って車でお出掛けするスポットという印象も強かったかと思いますが、このアルペン トーキョーなら電車で来れるうえ、仕事帰りにフラっと立ち寄ることもできるため普段は都会で働くキャンパーさんの救世主といえます! ただし、あまりの品数に物欲が刺激されまくりなので、散財には要注意です!


【Alpen TOKYO】
・オープン:2022年4月1日(金)10:00〜
・住所:東京都新宿区新宿3丁目 23-7「ユニカビル」地下 2 階から 8 階まで全 10 フロア
・新宿駅東口より徒歩 1 分
https://store.alpen-group.jp/alpentokyo/CSfTokyoTop.jsp

Tags
GO OUT編集部