アウトドア派の物欲を刺激する、圧倒的物量の「Alpen TOKYO」を徹底ガイド!

GO OUT編集部
pr

2022年4月1日、アルペングループ史上最大の旗艦店舗「Alpen TOKYO」がついにオープン! 地下2階から地上8階まで及ぶ全10フロアには、「スポーツデポ」「アルペンアウトドアーズ」「ゴルフ5」の3つの業態が集結し、圧倒的な物量を実現。今回は3F西側、4F、5Fの2.5フロアを占める「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア」の注目すべきポイントを解説します!

Table Of Contents : 目次

3F 約17,000点のアウトドアウエアを展開。

〈Point1〉新宿エリア最大級の品揃えを誇る、ザ・ノース・フェイス。

6,000点以上のアイテムを揃えるザ・ノース・フェイスは、機能性アウトドアウェアのほか、タウンユースに適したカジュアルウェアや最新モデルを豊富にラインナップ。

バックやキャップといったアクセサリー類も、日常生活に取り入れやすい洗練されたデザインのアイテムを取り揃え、都心の店舗らしい商品ラインナップを意識。買い物をサポートしてくれる専任スタッフも常駐しています。

難燃性のある素材で焚き火や調理シーンで活躍。大容量のポケット付き。ザ・ノース・フェイス「ZI Magne Firefly Mountain Parka グラベル」¥34100

〈Point2〉全アイテムをラインナップする、トライアンタン。

2021年に誕生して以来、注目を集めているアルペンのプライべートブランド、トライアンタン。「アウトドアをもっと身近に」というコンセプトのもと、着用シーン、性別、年齢を問わず活躍するシームレスさを特徴としています。

Alpen TOKYOではブランド最大規模の売り場で、全ラインナップを展開。アウトドアで役立つ機能性をカジュアルに落とし込んだデザインが魅力です。

コーデュラナイロンとコットンを合わせたタフな素材。Tシャツには珍しいポケット付き。トライアンタン「べースボールT ベージュ」¥4290(TRIANTANの最新情報は公式インスタをチェック!

4F キャンプシーンをさまざまな視点から提案。

〈Point1〉焚き火ギアがすべて揃う「TAKIBI」コーナー。

各シーンごとに専門性の高い提案を目指す4Fフロア。Alpen TOKYOで新たに新設した「TAKIBI」コーナーでは、GO OUTがプロデュースしたディスプレイと実際の焚き火シーンの映像を織り交ぜて、よりリアルな雰囲気を演出。

近年加速する焚き火人気により、数多く発売されている新商品のほか、100品番以上の焚き火台、難燃グッズなど、多種多様な焚き火関連ギアを展開しています。

〈Point2〉4つの使用シーンを提案! 「AKARI」コーナー。

キャンプの必需品であり、こだわりたいギアの一番手でもあるランタン。「AKARI」コーナーは、クラシカルなオイルランタンから最新のLEDランタンまで、合計270品番以上の幅広い品揃えを実現。

また、一部のディスプレイをGO OUTがプロデュースしており、各ランタンの特性を生かし、キャンプのほか、ガレージやキッチン、ワークルームなど日常生活で使えるランタンの使用事例を4つ提案しています。

〈Point3〉ソロキャンに特化した 「SOLO」コーナー。

アルペン初提案の「SOLO」コーナーは、小型の焚き火台や軽量チェアなど、ソロキャンプを楽しむ人に向けたギアをラインナップ。売り場内にはヒロシ監修テントサイトなど、ソロ専用のテント展示スペースを設置し、シーズンに合わせたさまざまなスタイルを提案しています。

また、Alpen TOKYO限定で「DDハンモック」や「ピコグリル」など人気ギアの新規取り扱いを開始したそう!

5F 都内最大級のブランドコーナーを実現。

〈Point1〉ザ・ノース・フェイスのキャンプギアをたっぷり堪能。

都内最大規模のアウトドアブランドを多数展開する5Fフロア。ザ・ノース・フェイスは、キャンプギア専門店としてアルペンに初登場。取り扱い点数は750点以上と、大ボリューム!

キャンプギアに特化しているからこそ、最新アイテムから他店ではなかなか見られないレアアイテムまで、圧倒的な点数を展開。3Fのザ・ノース・フェイス同様、専任スタッフも常駐しています。

車に積んでも、ものを置いても、潰れない高い耐久性が特徴。スタッキング可能。ザ・ノース・フェイス「Fieludence Gear Container」¥24200

〈Point2〉ギア&ウエアを取り扱うDODの実店舗を出店。

実店舗での販売をほとんどしていないアウトドアブランドDODを、都内最大級の品揃えで展開。入荷してすぐに即完する「カマボコテントソロTC」などの人気アイテムも随時販売予定だとか。

しかもAlpen TOKYOはDODのアパレルウェアを実際に見ることができる数少ない店舗のひとつ。DODのファンはもち ろん、実物を見たいと思っていた人にもうれしい展開となっています。

ファスナー付きの収納スペースを有する折り畳みテーブル。天板の高さは4段階に調整可能。DOD「グッドラックテーブル ブラック」¥13370

〈Point3〉最新のAlpen Outdoorsを知るなら、Alpen TOKYOへ。

発売後すぐに完売した人気のオリジナルテント「AOD」シリーズを扱う、Alpen Outdoorsのコーナーも展開。世界最大級のアウトドアショップとして長年蓄えてきたアウトドアの知識を生かし、プラスαの機能を持つこだわりのアイテムを、手に取りやすい価格で展開。

Alpen TOKYO限定のシェラカップや新商品などAlpen Outdoorsの最新情報を知れるコーナーになっています。

5枚に分離する2mm厚のステンレス材で構成された焚き火台。耐食・耐久性に優れた一生物。Alpen Outdoors「ファイヤーピット」¥27489

  • 【Alpen TOKYO】
  • 営業時間:平日 11:00~22:00、土日祝 10:00~22:00
  • 定休日:無休
  • tel:03-5312-7682

Photo/Takuma Utoo
Text/Yuna Nagahama(EditReal)


(問)アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 新宿店 tel:03-5312-7682 https://store.alpen-group.jp/alpentokyo/CSfTokyoTop.jsp

Tags
GO OUT編集部