GO OUT CAMP vol.14

2018.9.28~30@ふもとっぱらキャンプ場/
富士山の麓にあるふもっとっぱらキャンプ場にて開催された日本最大級のキャンプイベント。あいにくの天気にも関わらず、おしゃれなキャンプサイトを作り上げていたキャンパーたちをピックアップ。

akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-

  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-
  • akito inagakiさん/shooooi.bさん/moro.kさん -GO OUT CAMP vol.14-

シェルター内にもリビングを作って寒さ対策も◎な秋冬キャンプ仕様。

ノルウェー発のアウトドアブランド「ヘルスポート」のバランゲルドームをシェルターとして使い、MSRやポーラー、ゴーライトのテントを各々が持ち寄った。

3人の個性を表したようなテントは、どれも特徴的なものばかりで、サイトにアクセントを与えてくれる。バランゲルドームは、男性3人が入っても余裕がある広さを持ち、夜の宴会にはもってこい。難燃性に優れたポリエステル素材を使用しているので、テント内での調理もOKだ。

中央の天井部分は開閉式なので薪ストーブを格納すれば、煙突をそのまま突き出せる。フロアのスカートが内部に付き、外からの風を防いでくれるので、冷気が入り込みづらく、秋冬のキャンプにうってつけのギアと言えるだろう。

焚き火台周りはすべてアシモクラフトのもの。タキビノアシに風防としてアシサークルをセットした。アシグリルを置いて調理もできるようにしている。

Photo / Taizo Shukuri
Text / GO OUT

 

SPEC

  • テント:ヘルスポート/バランゲルドーム、MSR/エリクサー2、ポーラー/2マンテント、ゴーライト/シャングリラ3
  • タープ:DDタープ
  • テーブル:ハイランダー/ロールトップテーブル、キャンプマニアプロダクツ/グリルスタンド
  • チェア:アルパインデザイン、ニトリ
  • 焚き火台:アシモクラフト
  • ランタン:ルーメナー

その他のGO OUT CAMP vol.14

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル