DIY好きアクティブ夫婦の、愛情あふれるオモチャに囲まれた家【BESSの家・お宅訪問編 vol.38】

Shinya Miura
pr
DIY好きアクティブ夫婦の、愛情あふれるオモチャに囲まれた家【BESSの家・お宅訪問編 vol.38】

ファミリーでスノーボードやキャンプを楽しむアクティブな市川さん一家。家族4人が暮らすBESS「ワンダーデバイス ファントム」にお邪魔すると、元気な男の子ふたりが出迎えてくれました。そこから始まる「みて、みて!」の連続。

子どもたちが遊ぶオモチャはもちろん、木のぬくもりを感じる滑り台や2階部分に設置されたスケートボード用ランプまで、アイデアあふれるDIY作品に囲まれた市川邸には、子どもたちが自慢したいアイテムがいっぱい。

週末になると自然と仲間が集まってくるという「ワンダーデバイス ファントム」でのアクティブな暮らしを訪ねました。

Table Of Contents : 目次

オーナーDATA

市川 芳彦さん(33歳/教員)・南さん、涼馬(りょうま)くん、佐助(さすけ)くん

エリア:千葉県印西市
住居タイプ:ワンダーデバイス ファントム 8スパン
居住年数:約3年
家族構成:4人

▼市川邸の雰囲気をまずは動画で▼

子どものオモチャからスケボーのランプまで夫婦でDIY。

クライミングウォールは、体育教師でもある奥さんがずっとほしいと思っていたそう。

―市川さんのお宅にお邪魔して一番びっくりしたのが、いたるところにあるDIYアイテムとそのクオリティの高さです。

もともと中学校の技術の教員をしていたこともあって、木工が好きなんです。奥さんは段ボール工作が得意なので、子どもたちのオモチャはほとんどふたりで作っています。

―2階にはスケートボードのランプがありますが、これもDIYですか?

子どもたちがスノーボードにハマッたのをきっかけに、オフトレのためにYouTubeを参考にしながらランプを作りました。スノーボードに行くために、デリカD:5もDIYで車中泊仕様にしちゃいましたね(笑)

― 突き詰め方がスゴイですね! アウトドアはもともと好きだったんですか?

奥さんのお父さんがキャンピングカーを持っていて、その影響でアウトドア好きになりました。スノーボードは子どもと一緒に始めて2シーズン目なんですが、子どもたちと一緒に成長できるのが嬉しいですね。彼らの方が圧倒的に成長が早いですが。

子どもたちは北京オリンピックでの平野歩選手の活躍をこの滑り台で見て盛り上がっていたんだとか。

次のページに続きます

12 >
Tags
Shinya Miura