ウッドショックに負けるな!コスパ抜群な木の家3モデルがBESSから登場。

Tatsunori Takanashi

ログハウスを中心とした、木の温もりを感じる個性豊かな家を展開する「BESS(ベス)」の中でも、累計受注が6600棟を超える人気モデル「ワンダーデバイス」に、特別な価格を設定した3モデルが登場。

ウッドパネルとガルバリウム鋼板を組み合わせたシンプルながら、どこか都会的な印象を持ち合わせているルックスの家に一歩足を踏み入れると、木材を多用した温かい空間が広がるワンダーデバイス。自分らしくアレンジを詰め込める内装と、自然をカラダいっぱい感じることのできるウッドデッキを組み合わせた暮らしを楽しむ道具として、3つのシリーズを展開してきた。ただ、ここ数年コロナウィルスをはじめとする混沌とした世界情勢の影響により、原材料の価格が高騰。特に木材はウッドショックと呼ばれるほど大きな影響を受けている。

ワンダーデバイス フランク7ss
ワンダーデバイス ボイド7
ワンダーデバイス ファントム7ss

そんなウッドショックによるコスト上昇に対抗すべく、ベスは製造工程から大きな見直しを行い、期間限定ながら特別な3モデルをスペシャルプライスでの販売を開始した。デッキやベランダが、リビングやロフトと直接つながるようなデザインが特徴的なワンダーデバイス。フラットな四角い空間の中には、暮らしの中心となるステージ部分と、キッチンや収納といった暮らしを支えるストレージ部分を構築することで、自分だけの暮らしを表現することができる。また、家族の成長に合わせてアレンジしやすいのも、その特徴とも言える。

そんな特別キャンペーンは、2023年の3月末までの期間限定の予定。まずは、全国各地にあるベスの展示場で実際に触れてみるのはいかがだろうか?


(問)BESS tel:03-3462-7000 www.bess.jp FB:BESSの家 Instagram:@bess_slowlife

Tags
Tatsunori Takanashi