外遊びの達人10人に聞いた「このキャンプ場が好き!」なワケ。

外遊びの達人10人に聞いた「このキャンプ場が好き!」なワケ。

秋の行楽シーズンが近づき、夏は暑すぎて敬遠していたキャンパーもそろそろキャンプ場事情が気になる頃合いではないでしょうか。キャンプ場選びはワクワク感があるこそすれ、どこにしたら良いのかが悩みどころ。初めてのところにトライして失敗するのは嫌だけど、毎回同じでも面白くない。

そこで今回は、仕事でもプライベートでも外遊びを楽しむアウトドア・ファッション業界のキャンプ好き10名に「好きなキャンプ場」を聞きました。

  • ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、場所によって営業休止や入場規制あり。キャンプをお考えの方は、各自、必ずキャンプ場へお問い合わせの上、自己責任でお願いします。

月岡さんの、好きなキャンプ場。

月岡徹/tensix代表取締役

ファッションブランドや広告代理店を経て、2019年にtensixを設立。 企業やブランドに関わるプロモーション企画や商品ディレクション、フェスやイベントの制作運営など、のクリエイティブプロデューサーとして活動している。

多忙な生活を送る傍ら、暇を見つけてはキャンプへ赴く生粋のアウトドア派な月岡さん。普段は6〜10人でのオートキャンプを楽しんでいるというだけに、充実設備の高規格なキャンプ場をセレクト。

【群馬県】軽井沢キャンプクレスト

一面に広がる青々とした芝生のフィールドが特徴的な軽井沢キャンプクレスト。夏でも涼しい林間サイトや冬に助かる電源付きサイトも用意されているほか、場内にはフリーWi-Fiが飛んでいるため近年注目を浴びるワーケーションにも最適だ。

「とにかく芝生がゴルフ場のようにとても綺麗で、ひとつひとつのサイトが広くてリラックス出来ます。トイレやシャワーの設備もよく手入れされており、綺麗で快適。ジップラインなど遊具もあるので、ファミリーキャンプにも向いていると思います。管理人さんも親切で最高です」。

■軽井沢キャンプクレスト https://campcrest.jp/

 

宿利さんの、好きなキャンプ場。

宿利泰蔵 /フォトグラファー

GO OUTの人気別冊シリーズ「キャンプスタイルブック」でも活躍中のフォトグラファー。キャンプ・アウトドア関係の撮影も多く、年間で300以上のキャンプサイトを撮影している。

仕事でキャンプへ行く機会も多く、年間で約30泊はこなしているというカメラマンの宿利さん。GO OUT CAMPにもプライベートで参加するほどの大のキャンプ好きがおすすめするのは、2021年よりオープンしたばかりの知る人ぞ知るキャンプ場だ。

【長野県】姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド

長野県のほぼ中心に位置する長和町姫木平地区に2021年の春よりオープンした新スポット。白樺を意味するホワイトバーチと名付けられたように、場内には白樺が林立し、小川が流れる美しいロケーションが魅力だ。

「東京からおよそ3時間とアクセスが良いとは言えませんが、キャンプ場周辺には白樺湖や遊べるところも多数あり。白樺林に囲まれた林間サイトは、関東にはない風景を楽しむことができ、とてもフォトジェニックなキャンプ場です。標高約1,300mなので夏でも涼しく快適です」。

■姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド https://whitebirch-himeki.com/

 

鰐渕さんの、好きなキャンプ場。

鰐渕 航/THE NORTH FACE PR

外遊びが高じてアウトドアブランドのPRに。夏山縦走から冬山のバックカントリースノーボードまで、四季を問わずに通年フィールドで遊び呆ける34歳。最近はMTBと海釣りにも夢中で、少々アクティビティ渋滞気味。

年間で10〜20泊くらいは行くという登山泊を除いても月1回以上はキャンプに行っているというさすがのアクティブさをみせる鰐淵さん。基本的に友達家族と一緒にキャンプに行くことが多いというだけに、サイトに区切りがないフリーサイトのキャンプ場をピックアップ。

【神奈川県】西丹沢 大滝キャンプ場

写真:キャンプ場提供

都心からほど近い丹沢エリアの中でも人気の高い大滝キャンプ場。キャンプ利用は全サイトフリーサイトとなっており、場内には川も流れているため夏場のキャンプにも最適。

「アクセスの良さが1番ですね。神奈川県住まいの僕にとっては同県ということもあって1時間前後で行けるのでとても便利です。フリーサイトで先着順にはなるんですが、サイト内で好きな場所があるのでいつもそこを狙って行きます。川沿いで、夏場も涼しいので避暑地としても最適です。」

■西丹沢 大滝キャンプ場 http://ootakicampsite.com/index.html

 

小林さんの、好きなキャンプ場。

小林剛/バッグデザイナー

有名ブランドを渡り歩き、長年バッグ作りを生業としているバッグデザイナー。フェスやキャンプを中心にアウトドアに趣向が強く、休日はめっぽうアクティブ派。

小林さんも月に1度のペースでキャンプに行くヘビーキャンパーだが、近頃はめっぽうキャンプサウナにハマっているそう。モバイルサウナをフィールドへ持ち出してはグループで“サ活”を楽しんでいるスパ好きキャンパーだけに充実設備のキャンプ場をチョイス!

【神奈川県】ソレイユの丘オートキャンプ場

三浦半島の岬に広がるソレイユの丘は、花々が咲き誇るヨーロピアンテイストの公園内にあるキャンプ場。園内の高台からは広大な相模湾が見え、対岸には富士山や大楠山、湘南海岸に江ノ島、伊豆半島、大島までもが一望できる。

「植物園やふれあい動物村、キッズガーデンなどキャンプ場以外の施設も充実した公園に面したスポット。東京からも近いし温泉も施設内にあるしで気軽に家族で楽しめる点でとても良いキャンプ場ですよ」。

■ソレイユの丘オートキャンプ場 https://www.seibu-la.co.jp/soleil/camp
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2021年8月24日から当面の間、臨時休園となっています。

中島さんの、好きなキャンプ場。

中島小太郎/ koti BEAUTY&YOUTH ディレクター

キャンプの趣味が高じて2021年4月にユナイテッドアローズ社初となるアウトドアレーベル<koti BEAUTY&YOUTH>を立ち上げる。

春から秋にかけて月1〜2回ほどのハイペースでキャンプを楽しんでいるという、話題のアウトドアレーベル「コティ」のディレクター中島さんは、グループやファミリーでゆっくりキャンプを楽しむことが多いようで、ロケーションが自慢のキャンプ場をセレクト。

【長野県】駒出池キャンプ場

写真:キャンプ場提供

高千穂高原に位置する駒出池キャンプ場は、白樺林に囲まれたロケーションが特徴的。中でも駒出池に面したフリーサイトは特に景色が美しく人気も高い。標高が高く、夏場でも涼しく過ごすことができるのも嬉しいところ。

「日本一の白樺林や綺麗な駒出池のほとりにある抜群のロケーションが一番のポイントです。夏には蛍が見れたりするくらい水が綺麗な場所です。ミラーレイクといわれる鏡のような湖に映った幻想的な景色は非現実感を味わえて、長野まで来た甲斐があると思わせてくれるキャンプ場です」。

■駒出池キャンプ場 https://yachiho-kogen.com/camp/

 

好きなキャンプ場はまだまだ! 次ページへ続きます。

 

 

12 >
Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout