見た目も機能も“ワイルド”なクーラーボックス「WYLD GEAR」の実力を体感!!

pr
見た目も機能も“ワイルド”なクーラーボックス「WYLD GEAR」の実力を体感!!

アウトドアの聖地、アメリカ・ワイオミング州のキャスパーで2017年に誕生し、大自然の過酷な環境に耐えうるタフなクーラーボックスを主役に展開する「ワイルドギア」。日本初上陸するなり、早くも話題沸騰中のハードクーラー最大の特徴であるデュアルコンパートメントの性能を徹底チェックするべく、釣り&キャンプに連れ出してみました!!

フィッシュ&イートで、釣った魚はいただきます!!

 

 

(写真 左から)村山靖行 F-LAGSTUF-F デザイナー/上田大輔 DOVE WORKS 代表/斎須康孝 ARMS Clothing Store オーナー
さまざまなブランドのPRを担当する上田さんと、祐天寺を中心に古着屋を展開する斎須さん、トーキョー発の注目ブランド、フラグスタフを牽引する村山さんは、休日ともなれば、船に乗っての釣りを満喫しているそう。「釣った魚は持ち帰って味わうので、クーラーは必須!!」。

2室構造と独自の断熱性が、外遊びをタフにサポート!!

休日にはキャンプや釣りを楽しむ上田さん一同。まずはタイラバ釣りに、最大サイズの75クォートのハードクーラーを持ち込んで、その実力をチェック。

千葉県勝浦市の川津港から出港している「とみ丸」は、タイラバ釣り専門の釣り船。レンタル道具も豊富なので、ビギナーでも手軽に楽しめる。(tomimaru.jp)

「魚とドリンクを分けられるのが便利!! ロッドホルダーなどのオプションもラインナップ予定だったり、エアーポンプの取り付けパーツも備えているので、いろんな釣りスタイルに合わせて、使い方を考えるのも面白そう」と、斎須さんは釣りでの使い勝手を高評価。

釣りで使える装備も充実。
ハードクーラー75Qの天板には、ドリンクホルダーのほか65cmのメジャーが刻まれているので、釣り上げた魚をすぐに計測できる。別売りのロッドホルダー用ポートやエアレーターも取り付け可能。底部には滑り止めが施されているので、船上での安定感もバツグン。

さらに、キャンプでの50クォート使用も、デュアル式の特徴を最大限に使いこなし、村山さんはドリンクウエアの大容量っぷりに、驚きの様子でした。

ハードクーラーの中間サイズである50Qは、キャンプで使い勝手のいいサイズ感。フォレストカモのカラーリングは、テントサイトのアクセントとしても◎。
ドリンクホルダーにはワイルドカップを配置。
真空二層式断熱構造のステンレスカップは、大中小の3サイズと豊富なカラバリをラインナップ。カクテルやドリンクを作る際に便利なメジャーラインも備える。写真はビッグサイズの32OZ(¥5390)。
釣りでは大量の氷を詰め込むので、移動時に大径ウィールと脱着式ハンドルが活躍。
座っても問題ないタフさを備え、デュアルなので座ったままでも、もう片方の中身を取り出せる。
1室ごとに排水ポートを装備。未使用の荷室の軽量化や釣り後の清掃などに便利。
75Qは50クォート(約43L)と25クォート(約23.5L)の2室。真鯛など大型の魚でもラクラク収納可能。
キャンプでは飲み物と食材を分けたり、1日目と2日目の食材を分けたりできる。
ワイルドカップは全14色を展開。

圧倒的なタフさと保冷力はもちろん、個性あふれるカラバリにも注目!!

(左上) HARD COOLER 25Q  ¥35200   (右上) HARD COOLER 50Q  ¥59400   (下) HARD COOLER 75Q  ¥79200

デイキャンプに最適な最小サイズの25クォートでも2Lペットボトルを縦に6本収納可能。50クォートと75クォートは、2室にセパレートされたデュアルコンパートメントの断熱技術を採用し、大径ウィールを装備。カラフルなマーブルやカモ柄パターンなど、独特なカラーリングもタフネスさを強調。

  • Photo/Fumihiko Ikemoto Report & Text/Tatsunori Takanashi Cooperation/とみ丸、実谷オートキャンプ場

(問)ウエニ貿易 tel:03-5815-5722 https://wyldgear.jp Instagram@wyldgear.japan

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout