キャンプの快適さはクーラーボックスで決まる!? GO OUTキャンパーのリアルな使用法。

146 Shares

春夏の外遊びに欠かせないクーラーボックスは、人数や泊数など、時と場合によって最適なサイズや種類はまちまち。どんなものを用意すべきか悩むことってありませんか?

そこで今回は、4月に開催されたGO OUT JAMBOREEにて、おしゃれなテントサイトにお邪魔して上級者たちのクーラーボックスの使用法を拝見してきました。

ソロキャンプなら小さめなハードクーラーが◎!

  • ■ハヤブサさんの場合(ソロキャンプ)
  • 使用クーラーボックス:YETI/Roadie 20

ドーム型シェルターに居住空間を集約したオールインワンスタイルでソロキャンプを楽しんでいたハヤブサさんのテントサイトでは、イエティの小型ハードクーラー「ローディ 20(容量約19L)」を使用していました。

ウッドスタンドにセットすることで、地面からの熱を処断し、保冷力をフルに発揮できるほか、スタンド下に収納スペースが生まれて一石二鳥。また、高さを出すことで中身が取り出しやすくなるなどいいことづくし!

中身は飲み物とともに冷凍の食材を収納することで、食材が保冷剤の代わりになってくれ、自然に解凍ができるうえ他の飲食物を冷やすことができるので、1泊程度のキャンプには有効です。

OWNER:ハヤブサさん

イエティのローディは、サイズは高さ36.8cm × 幅50.8cm × 奥行き34.1cmと小型ながら、容量約19Lで350ml缶でおよそ30本入るので、短期間のソロキャンプであれば必要十分。ちなみに、オーナーのハヤブサさんは、1泊ならこれ一つ、2泊以上であれば容量約20Lソフトクーラー(シアトルスポーツ 23QT)も持っていくそう。

ハードクーラーなら冷蔵庫としてだけでなく、タフなボディを生かして、ちょっとしたテーブルやイスとしても活用できるため、オートキャンプであればメインクーラーにはハードタイプが◎です!

 

ソロキャンプで“映える”、容量20L以下のハードクーラー3選。

■ORCA Coolers(オルカクーラー)/モッシーオーク ブレイズ

20 Quart -MOSSY OAK BLADES Tan-(約19L) ¥64800

2018年に日本上陸を果たした、テネシー発のブランド「ORCA Coolers(オルカクーラー)」。ロトモールド(回転成形)構造による優れた耐久性と、高い保冷力を兼ね備えているほか、ポーチやドリンクホルダーなどが外付けできる拡張性が特徴。2019年春よりモッシーオーク柄を採用した新色がラインナップした。

(問)デイトナ・インターナショナル AME Div tel:03-3565-6914 http://orcacoolers.jp

 

■PELICAN(ペリカン)/エリート クーラー

Elite Cooler 20QT(約19L) ¥31320

米軍からカメラマンまで、プロに支持されるアメリカ発「PELICAN(ペリカン)」のハードクーラー。約19Lと小柄ながら、2インチポリウレタンの断熱材によって最大5日間の保冷効果があり、食品の匂いが漏れずにクマとの接触を減らすベアコンテナとしても機能するタフ仕様。

(問)オートバックスお客様相談センター tel:0120-454-771 https://jackandmarie-store.com/c/79/sort/category/disp/70

 

■STANLEY(スタンレー)/クーラーボックス

Cooler Box 15.1L ¥12744

STANLEY(スタンレー)の定番モデル「クーラーボックス15.1L」。2018年より新色のレッドやホワイトが仲間入りし、カラバリも豊富に。ボディだけでなく上蓋にも断熱材を施して冷気を逃さず、上部のゴムロープにボトルなどが挟めるように。ペットボトルの500mlが縦に、2Lが横にそのまま入る。

(問)ビッグウィング tel:06-6167-3005 www.bigwing.co.jp

 

次ページは、ファミリーキャンプでの使用法とおすすめクーラー5選!

 

12 >
Tags

146 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル