機能美と軽快さで差がつく、9つの進化系クーラーバッグ。キャンプやBBQに!

大きくてタフなハードクーラーに比べて、軽量・コンパクトで携行性に優れるソフトクーラー。最近のソフトクーラーは保冷性能が格段にアップ! さらにルックスも侮れないモデルが増えてきました。

バッグタイプのソフトクーラーなら、買い出しに持っていってそのまま食材を入れて持ち運ぶのに便利! さらに、公共交通機関での移動でも邪魔にならず機動力も高いので、都会エリアでのバーベキューやピクニックなど、ライトな外遊びには最適! 今回はそんなクーラーバッグのおすすめ9アイテムをセレクトしてみました。

01. HYDRO FLASK(ハイドロ フラスク)

HYDRO FLASK「ソフトクーラーパック 22L」 ¥42120

アメリカ生まれのボトルメーカー「ハイドロフラスク」のバックパック型のソフトクーラー。シームレスデザインと止水ジップで最長48時間の保冷効果を発揮。スラッとした縦長のフォルムで余分な装飾を排除したミニマルデザインなので、公共交通機関での移動の際にも邪魔にならないのも嬉しい。

(問)アルコインターナショナル tel:06-6538-3917 https://www.hydroflask.co.jp/

 

02. ICEMULE COOLERS(アイスミュールクーラーズ)

ICEMULE COOLERS「クラシッククーラー Sリアルツリーカモ」 ¥10800

アイスミュールのロールアップ式ソフトクーラーの特徴は、表生地と裏生地の間にあるフォームに空気を吹き込むことで、内部空間が狭まって保冷力がアップし、クッション性も得られること。瓶ビールなどの割れモノを運ぶ際にも安心だ。容量は22Lで、350mlなら6~8本、ワインボトルなら4本入るサイズ。

(問)モチヅキ tel:0256-32-0860 https://www.e-mot.co.jp/naturalspirit/icemule.asp

 

03. AO Coolers(AOクーラー)

AO Coolers「18パック バックパック ソフトクーラー(ブレイクアップ)」 ¥19980

アメリカ発の高性能クーラーバッグブランド「AOクーラー」のソフトクーラー。表地がキャンバス生地で一見すると普通のバックパックにしか見えないので、公共交通機関で移動する都心部でのBBQなどにジャストフィット!

内部の断熱材には1.9cmもの厚みがある高密度の独立気泡フォームが使用されていて保冷力も抜群。サイズは約14Lで、350ml缶なら18本入れた上に約2.2kgの氷が入れられる。

(問)ビッグウィング tel:06-6167-3005 https://www.bigwing.co.jp/

 

04. CHUMS(チャムス)

CHUMS「ハイウォータークーラーパック」 ¥10584

発色のいいレッドにブランドロゴが映えるチャムスらしいソフトクーラー。ショルダーハーネスを備えていて、バックパックスタイルで持ち運ぶことができる。容量は20Lで、2Lペットボトル6本を縦に入れても余裕のサイズ。

内側の上部には保冷剤を入れられるポケット付き。外側にはカトラリーなどを入れられるポケットも装備しているのでBBQには便利だ。

(問)CHUMS表参道店 tel:03-6418-4834 http://shop.chums.jp

 

他にも機能美クーラーバッグが満載! 続きは次ページへ!!

 

12 >
Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル