コトパクシの人気クーラーバッグに新作2型が追加。大容量&高断熱が魅力。

Yasuo Sato

2014年にアメリカのソルトレイクで創業した総合アウトドアメーカーの「COTOPAXI(コトパクシ)」。大量生産によって生まれる残材をリサイクルしたエコなブランドでもあり、中でもカラフルなバッグ類は代表的な存在だ。

この度、アウトドアシーンで活躍しそうなクーラー機能を備えた「HIELO(ヒエロ)」シリーズのショルダーとバッグパックの2型がラインナップされた。

Table Of Contents : 目次

持ち運びしやすいスクエアリュック

HIELO 24L COOLER BAG ¥25300

スクエアリュック型のクーラーバッグは水平ジッパーによって“蓋”のようにガバッと大きく開く。容量は約24Lサイズで、間口は約36×23cmだから、ドリンクや食材をガンガン入れられるぞ。保冷時間は最大24時間。

4面にハンドル(持ち手)があるのも便利。

脱着式のチェストベルトやパッド入りの背面パネルなど、移動が伴うシーンでもOK! 駐車場から距離があるキャンプサイトや軽ハイクなどで役立つ。

長時間冷たさをキープするショルダーバッグ

HIELO 12L COOLER BAG ¥22000

こちらはワンショルダー型のクーラーバッグで容量は約12L。ロールトップ+バックル開閉でこちらは最大36時間の保冷を実現!

開口部はフレーム入りでボトル用のスリープがあるから中身が崩れにくいのもポイントだ。

サイドにはスマホなどが入れられるミニポケットも!

いずれも耐久性に優れるリパーパスナイロンとポリエステルを用い、断熱もバッチリ! なによりもポップな色を多用し、パネル部分によってカラーリングが異なるため目立つこと請け合いだ。

アウトドアレジャーはもちろん、生鮮食品や冷凍食材などの買い物などでも使い勝手のよいコトパクシのクーラーバッグは要注目!


(問)アルコインターナショナル tel:06-6563-7346  cotopaxi.jp/

Tags
Yasuo Sato

オススメアイテム