おしゃれキャンプ通たちに聞いた「好きな、キャンプファニチャー」10選。

GO OUT編集部

チェアやテーブル、コットなど、キャンプサイトに欠かせないファニチャー類は、キャンプ中の快適性だけでなく、サイト全体のコーディネーションをも左右する大事な要素。それだけに、ファニチャー選びは悩ましい問題です。

そこで今回は、仕事でもプライベートでも外遊びを楽しむアウトドア・ファッション業界のキャンプ好き10名が愛用している「好きな、キャンプファニチャー」を拝見!

Table Of Contents : 目次
 

【YAEI WORKERS、SWAG GEAR代表 羽野さんの好きなファニチャー】

羽野 学さん/YAEI WORKERS、SWAG GEAR代表

趣味のソトアソビへの情熱が高まり、2018年、輸入事業を中心とした自身の会社内に、オリジナルブランド〈ヤエイワーカーズ〉を設立。2021年には、アウトドアセレクトショップ『スワッグギア』もオープン。ほかとは一線を画するオリジナリティあふれるラインナップを展開しつつ、ショップオリジナルプロダクトの製作にも注力中だ。https://swag-gear-online.com/ Instagram:@swag_gear_kobe Instagram:@yaeiworkers

キャンプの醍醐味は、好きな場所に好きなテントを張り、好きなギアに囲まれた特別な空間で、非日常感を満喫すること。そう語る羽野さんのギアラインナップは、ヴィンテージな方向性のクラシックものからモダンなハイスペック勢まで多種多様。

チリングキャンピープス×アンバイストアのローバーチェア

英国軍由来のヴィンテージな雰囲気を継承しつつ、よりリラックスして座れるようにモディファイ。ファブリックはバリスティックナイロンを採用、座面と背面にはクッション入り。

 

【DVERG ブランドディレクター 岩佐さんの好きなファニチャー】

岩佐翔平さん/DVERG ブランドディレクター

アウトドアをより一層近くに感じるために生まれたブランド〈ドベルグ〉のディレクター。肩書きに捉われることなく、商品開発からモデルまで幅広い分野で活躍している。最近ハマっているのは、レザークラフトでギアを自分だけの特別仕様にカスタマイズすること。モノづくりにもアウトドアにも好奇心旺盛に全力で取り組んでいる。https://www.dverg.shop/

岩佐さんのキャンプは、お気に入りのギアと自然を眺めながら大好きな日本酒をしっぽりと嗜むスタイル。ヴィンテージの空気感が最高の肴になるそうで、「新品からエイジングさせていく過程が好きです。面倒な火起こしの作業なんかも、“ケトルを育てるため”と思うと一気に楽しみに変わってしまう。長く使い込むことで自分色に染めていき、歴史を感じさせるオンリーワンなギアに育て上げたいですね」とのこと。

ドベルグ×ネイチャートーンズ サイドアップボックス&テーブルL

〈ネイチャートーンズ〉の人気アイテムを高級仕様にアップデート。素材にヴィンテージ感をプラスし、天板数は通常の4枚から5枚に。見た目の魅力だけでなく機能性も向上。

■DVERG www.dverg.shop/product/158

 

【CASCADE ROCKS ストアマネージャー 岩﨑さんの好きなファニチャー】

岩﨑久典さん/CASCADE ROCKS ストアマネージャー

「皆様にとって生活の一部であるように」をコンセプトとする吉祥寺のアウトドアショップ『カスケードロックス』の店主。最近の悩みは「趣味が多すぎること」。アウトドアアクティビティを始めとして、車やレース、格闘技などと休日も多忙に過ごしているようだ。その中でもキャンプは自分自身の原点となった特別な趣味なのだという。https://cascaderocks.tokyo Instagram@cascaderockstokyo

岩﨑さんの考えるキャンプ最大の魅力は、雄大な大自然の存在をリアルに味わえること。「テントで寝ながら大地を感じている時間がたまらなく好き。世界の広さを思い知らされますね」。キャンプ場では自転車での散策や岩場でのボルダリングなど、自然との対話を最大限に楽しんでいるようだ。

カスケードロックスの折り畳みテーブル

ダークブラウンに塗装されたOSB合板を用いたショップオリジナルのテーブル。「折り畳み式でコンパクトな収納が可能なのに、しっかりと安定感もある。家具職人のこだわりを感じる逸品です」。

 

【千石 商品戦略マネージャー 高橋さんの好きなファニチャー】

羽野 学さん/YAEI WORKERS、SWAG GEAR代表

趣味のソトアソビへの情熱が高まり、2018年、輸入事業を中心とした自身の会社内に、オリジナルブランド〈ヤエイワーカーズ〉を設立。2021年には、アウトドアセレクトショップ『スワッグギア』もオープン。ほかとは一線を画するオリジナリティあふれるラインナップを展開しつつ、ショップオリジナルプロダクトの製作にも注力中だ。https://swag-gear-online.com Instagram:@swag_gear_kobe Instagram:@yaeiworkers

3年前にボーダーコリーを飼い始めたことをきっかけに、「旅行=キャンプ」という家族内での共通認識が生まれたという高橋さん。小学生の子どもと愛犬が楽しめるように、川や湖が近いサイトを選ぶことが多いという。「本当はテントでゆったりと過ごすのが理想ですが子どももペットも遊び盛りなので日中は疲れ果てるまで水遊び。ウエイクボードや釣りなど水辺ならではのアクティビティを楽しんでいます。4人と1匹で遊び尽くすキャンプの形を日々模索中です」とのこと。

ノーブランドのローコット

「テントのリビングサイドで使っているロータイプのコット。愛犬のお気に入りベッドと化しています。地面に寝るより夏場は涼しく、冬場は暖かいのが快適みたいですね(笑)」。

 

【NOWEST CAMP 代表 今西さんの好きなファニチャー】

高橋弘真さん/千石 商品戦略マネージャー

大手家電のOEMメーカーとして、さまざまな家電の製造を行いつつ、自社ブランド〈センゴクアラジン〉も展開している〈千石〉の商品戦略マネージャーを務める。キャンプ歴は3年ほどだが、自然を楽しみながらも快適に過ごせるギアを収集中。愛犬家としての顔も持ち、自宅で飼っているボーダーコリーとの散歩が毎日のルーチン。http://www.sengokujp.co.jp/

「不便さを楽しむ」という秘境の地に出店するオーナーらしいキャンプスタイルを持つ今西さん。あえて不便さを味わうため、サイトに持ち込むギアは最小限にしているんだとか。「歴史を刻んできた唯一無二な空気感に魅力を感じます。機嫌が悪いと使えなかったり、性能面で現行品に劣っていたりと、古いアイテムは不便ですが、手間のかかる我が子のようで愛らしいんです」。

オンウェーのローチェア

世界的に支持されているブランドのチェアを自作のステンシルでアップデート。「兎にも角にも座り心地が最高です。一度座ると立ち上がる意欲を奪われる、人をダメにするチェアですね」。

■オンウェー https://www.onway.jp/onlineshop/shop/_pc/detail_goods15.html

 

達人たちの「好きなファニチャー」はまだまだ!次ページに続く

12 >
Tags
GO OUT編集部