おしゃれキャンプ通たちの、使って良かったキャンプ道具。#4(FREAK’S STORE バイヤー 柴田 アルべルト 将吾さんの場合)

GO OUT編集部

アパレル業界や感度の高いクリエイティブ業界、メディア関連に身を置くヒトたち。みんないつ見てもオシャレだし、モノの知識量がすごい。そんなヒトが選ぶ物って、だいたい間違いないし、見てるだけでも面白いほど。そこにキャンプ好きの要素が加わったら、かなりいい道具をたくさん教えてもらえそう!ということで、そんなアウトドア好きの業界人に協力してもらい、それぞれが愛用するキャンプのギアを見せてもらいました。

第4段となる今回は「FREAK’S STORE(フリークスストア)」のバイヤーを務める柴田さんのキャンプスタイルと愛用ギアを拝見!

GO OUT WEB
柴田 アルべルト 将吾さん/FREAK’S STORE バイヤー

アメリカンテイストのアパレルや雑貨を取り扱うセレクトショップ『フリークスストア』でバイヤーを担当。また、同ショップが新たにローンチする〈ヴァンライフサプライ〉のブランディングを手掛けている。長年サーフィンとスケートボードをライフワークとし、波のありそうなスポットやスケートボウルに足繁く通う、横乗りフリーク。https://www.freaksstore.com/ Instagram:@shogo_alberto_shibata

 

Table Of Contents : 目次

愛車とともに旅をする、ヴァンライフなギア。

車に寝床があれば旅のハードルはぐっと下がる。車を停めてタープを張り、お気に入りのギアをセットすると、そこはもうべースキャンプ。〈ヴァンライフサプライ〉のチームの仲間とも一緒に、サーフィンやスケートなど遊びに向かうことがあるそう。

遊びと生活に必要なギアをヴァンに積み、行きたいところへ行き、夜は車で眠りにつく。カリフォルニアで生まれたヴァンライフはそんな自由なライフスタイル。かつて彼の地で暮らした経験を持つアルべルトさんは、そのカルチャーを間近に目撃し、自身でも実践している。

「気の向くまま車に乗り、遊びに向かえる気軽さがヴァンライフのいいところ」。そう話しながら紹介してくれた〈ヴァンライフサプライ〉のギアには、いつもの日常と旅を繋ぐアイデアが詰まっていた。

大きな荷室のあるバンは収納場所としても利用できるので、ギアを全部出さずにリビングが作れるのもメリット。ファニチャー類は、オリーブドラブのミリタリーテイストにウッドテーブルを合わせ柔らかさもプラス。
運転席、助手席のシート背面にはオーガナイザーを装着し、細々した身の回りのものをまとめて整理。タブレットなどが入れられるクリアポケットも付いているので、映画を見ながらの快適なドライブも可能だ。
荷室は取り外し式のベッドとなっているので、後部座席を倒せばすぐに車中泊仕様に。「男でも足を伸ばして寝られるサイズ。寝心地最高です」。上部にサーフボードを、ベッド下にはコンテナ類やギアをすべて収納。

 

FREAK’S STORE バイヤー 柴田 アルべルト 将吾のベストキャンプギア8選。

01. トヨタのハイエース

『フレックスドリーム』カスタムの2016年式。オレンジのボディーに、レトロな丸目1灯のヘッドライト、黒いバンパーを合わせクラシカルな佇まい。ルーフキャリア付きで積載能力も十分。

02. べアボーンズリビングのビーコンライトLEDとヨセミテストラップ

素材にクライミングロープを使用した〈ヨセミテストラップ〉はランタンをはじめ、携帯や鍵にも付けて愛用。「キャンプでは物を吊るすシーンが多いので何本も持ち歩いています」。

03. ヴァンライフサプライのフォールディングバスケット

生地にポリコットン、脚にスチールを使用したバスケット。「しっかりした作りなので、大きい薪をそのまま入れて も大丈夫です」。脚は収束式で、簡単に折り畳むことができるのも便利だ。

04. ヴァンライフサプライのドラムリールコード

電源サイトに泊まる際の必需品は、コードが10mと長さ十分。「通常のキャンプサイトのサイズから考えて、どこ でも設置できる長さに設定しています。車に1台置いておくと便利」。

05. ヴァンライフサプライのフォールディングチェアソファクッション、カーミットサイドボックス

難燃加工されたコットン面とファーが選べる2way仕様のクッションと、スナップボタンでセットできるサイドボックス。カーミットチェアのよさを残したまま手軽にカスタムできる。

06.クロウキャニオンホームのボウルとエヴリンのランチプレート

左のボウルは琺瑯製。匂いや汚れの成分がつきにくく手入れしやすいのでキャンプにも最適。「割れないこと、重たくないことを条件に考え、琺瑯やウッドなどを選ぶことが多いですね」。

07. ヴァンライフサプライのポータブル電源60000mAh

重量2.3kgで、軽量コンパクトながら、スマートフォンを約20回充電できる容量を備える。「シガーソケットから電源を取れるので、 走りながら充電して、サイトですぐ使えます」。

08. ヴァンライフサプライのザ べースタープ

ヴィンテージな色合いのストライプ柄が、サイトにクラシカルなムードをプラスしてくれる。正方形のレクタタープで各辺の真ん中にもアイレットがあるので多彩な張り方が可能。

 

CAMP GEAR BOOK vol.5には、他にも達人たちの“使って良かった”ギアが盛りだくさん!

絶賛発売中の別冊GO OUT「CAMP GEAR BOOK vol.5」では、おしゃれなキャンプ通たちが選ぶ、⾒た⽬も機能も⼤満⾜な愛⽤ギア、“使ってよかった、キャンプ道具”を、たっぷりとご紹介しています。

今回紹介したほかにも、39人ものアウトドア好き業界人たちの愛用品が満載! 気になった方は、下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニ、電子書籍でぜひお求めください。

■別冊GO OUT CAMP GEAR BOOK vol.5 定価¥1100

 

Tags
GO OUT編集部