秋の最新キャンプスタイルを拝見! おしゃれで機能的なこだわりサイト満載 #7

THE CAMP STYLE SNAP  in ふもとっぱら@2020.10

焚き火やアウトドア料理をじっくり楽しめる秋冬キャンプはこれからが本番!!  そこで GO OUT CAMPの会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」で、おしゃれキャンパーたちのサイトをチェック!!

ちなみに「ふもとっぱら」では、10月をGO OUT的に「キャンプ強化月間」として、期間限定で巨大看板も設置させてもらいました。

2020年秋の最新キャンプスタイル一覧

 

機能性を最大限に活用!お手本にしたいレイアウト。

OWNER:jaypii.jpさん、Tsunさん、kippeiさん

MSRやマーモットと高規格なギアが並ぶこのサイト。グループキャンプということもあり大判タープをリビングとして、小さな子どもがいても安心できるドームテントを用意したそう。

リビング下は友人らも集まれるよう最低限のギア配置。それでも、サイドテーブル脇のゴミ箱や地面に直置きできるバーナーなど、手の届く範囲に必須アイテムが置かれるなど動線もバッチリ。

タープは大人が12名まで収容できるアウトフィッターウィングで、寒さを感じさせない明るいホワイトカラーが印象的。今では廃盤モデルとなり、ファンから根強く人気のモデルだ。

チェア類はネイタルデザイン別注モデルのトリコロールカラーで統一。テーブル脇に置いたサイドテーブルには、スノーピークのガビングフレームにバリスティクスのカバーをつけて、利便性もバッチリ。

ユニフレームのフィールドラックと、イベントのワークショップでゲットしたソマビトのウッドテーブルにキッチンギアをひとまとめ。必須ギアのみまとめ、リビングスーペースを広く確保した。

 

このキャンプサイトをもっと見る。

 

焚き火を思う存分満喫する、タープなしの青空リビング。

OWNER:Takaさん、Kengoくん

天候に恵まれたこの日、火の粉を気にせず焚き火をメインにキャンプできるようにと、タープなしのレイアウトで楽しんでいたTakaさん親子。寝床のケロン以外はすべて外に配置していた。

リビングとしてブラックデザインのウッド製テーブルを持参していたが、焚き火台付近は火に強いアイアン製のギアをメインにセッティング。素材の持つ特性を生かした配置だ。

収納に使ったボックス類はもちろん、ランタンをはじめとしたヴィンテージギアを多く取り入れた事で、タープなしでも雰囲気のいいサイトが完成。まさに、好きなモノに囲まれたキャンプを満喫していた。

今回のメインは焚き火。サンゾクマウンテンのマウンコスはチェーンの取っ手が着くので風向きに合わせた配置換えも簡単。長めの脚が付き、芝の焦げつき防止にも一役買ってくれる。

こちらは調理用に使った焚き火台。アシモクラフツのタキビノアシにアシサークルを乗せ、サンゾクマウンテンのデルタスを五徳のように使っている。ハンガーはサンゾクマウンテンのショック。

 

このキャンプサイトをもっと見る。

 

ヴィンテージが程よく溶け込んだ、必要十分なギアセレクト。

OWNER:ayaさん、yusukeさん

オガワから今年発売されたシェルターを使いキャンプをしていた二人は、テント室内ですべてを完結させたオールインワンスタイル。余計な装飾はせず、必要なギアだけをシンプルにレイアウトしていた。

サイトのあちこちに置かれたランタンは、バースデーランタンなどヴィンテージものが多め。さらに、使っているイスは親から譲り受けたオガワ製だが、どれも保管状態がよく年季を感じさせない。

一方で、調理用としてセンゴクアラジンのプレートを持ち込んでいたり、今話題のブランド、ノーボックスのLEDランタンをいち早く入手するなど、新旧入り交ざったアイテムセレクトが光る。

リビングはイスとテーブルだけ置いたシンプルな構成。アマゾンで購入したムートンを敷くことで、座面の冷えをシャットアウトした冬仕様。

中央に置いたアラジンのストーブで寒さ対策。DODのゴミ箱はロールトップ状の天板が付き便利。汚れ防止のためオレゴニアんキャンパーのシートを敷くなど、クルマへの積み込みも配慮されている。

 

 

このキャンプサイトをもっと見る。

 

ホームシアターも完備!寒い季節の最強おこもりスタイル。

冬の定番、おこもりスタイルのサイトでくつろぐ夫婦。2人のサイト内を拝見させてもらうと、薪ストーブ囲むようにリビングを配置。左右にはそれぞれのベッドを作った快適な空間が広がっていた。

さらにテント奥の壁にはスクリーンがセットされ、プロジェクターやスピーカーが完備。冷え込む夜は出入り口を締め切り、YouTubeを見たりとおこもりキャンプを満喫できる贅沢なセッティング。

メインに使用したテントは難燃性ポリエステルを採用したバランゲルドーム。テントの頂点に付いたベンチレーターから煙突を出すことができる。大人2人の寝室もリビングも全て収まる大型サイズだ。

中央の薪ストーブを中心に作ったリビング。奥の壁にはホームシアター用のスクリーンが付いた、贅沢な空間。手前はこちらも暖取り用に持参したオムニバーナー。ミリタリーライクな色味も人気。

薪ストーブはテンマクデザインのウッドストーブL。左右に広がる天板は、熱した後のケトルや鍋などを置くのに便利。天板で湯沸しや調理ができるのも使い勝手がいいポイント。

このキャンプサイトをもっと見る。

 

秋のおしゃれキャンプサイトが豊作!

10月のふもとっぱらには、参考にしたいおしゃれサイトで溢れていました。ここで紹介した4組のほかにも、最新のキャンプスタイルを多数掲載中! 続きはこちらよりチェックしてみて!

 

Photo/ Taizo Shukuri

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout