冬でもおしゃれにキャンプを楽しむための、5つのキーワード。

KEYWORD 03:車中泊

冬の車中泊は賢い選択。車の中は密閉度が高く、冷たい空気が入ることも、地面からの冷気を気にする必要もナシ! オーニングテントなどでクルマにつなげてリビングを作れば、1日中外気をシャットアウトできます。

車だけで完結する、キャンピングカーが最強!

OWNER:@westy85_jp.さん

フォルクスワーゲンのT-3ヴァナゴン・ウェストファリアにサイドテントを取り付け、寝室も日中くつろぐ空間も車で完結。車内はキッチンなどが完備されこれ1台でも十分なほど。今回はオーニングを広げてリビングをセットし、床には銀マットを敷いて冷気対策。

テントと車の役割を分け、どちらも快適な空間づくり。

OWNER:yasuさん

こちらはルーフテントを使っての車中泊。寒い時期のキャンプで忘れてはいけない焚き火は、テントの外で楽しみつつ、熱に強いコットン製テント、テンティビ内には薪ストーブをインストールして快適なリビング空間を完成させていました。

 

KEYWORD 04:陣幕

目隠しや風除けとして使用される陣幕。会場であるふもとっぱらのように、遮るものが少ないキャンプ場では、吹き付ける風は強め。焚き火の炎を守るためだけでなく、風をシャットアウトするだけで格段に暖かい! 冬キャンプこそ陣幕が大活躍するシーズンです!

日中のアウトドアリビングもこれで快適。

OWNER:camp samuraiさん/okachi lemonさん/momoさん

ハウス型テントの外に作ったリビングは、キッチンと薪ストーブを配置。天気のよい二中のみ外で過ごすため、薪ストーブの風除けとして陣幕だけ設営。コットンテントの室内は、銀マット、ラグ、毛足の長いラグという三層構造で、地面の冷たさは皆無でした。

自宅の塀さながら、手軽な防寒対策の陣幕使い。

OWNER:ジェットパパさん/ユダママさん/アオさん/タッチャンファミリーさん

テントとタープをドッキングした、一見は定番のテントサイトスタイル。ここに陣幕をプラスするだけで、手軽な防寒対策が完成。高さのある陣幕ならタープとの隙間も狭くなるのでまるで家の周りを取り囲む塀さながら。周りの目が気にならないのもメリットのひとつ。

背中の冷えを軽減すれば、快適さもアップ。

OWNER:額田 佑介さん/理与さん/美理さん

寒い時期のキャンプで実は困るのが座った時の背中の冷え。焚き火好きはやはりタープ派が多いので、「前は焚き火で暖かいけど体の裏が冷えてしまう……。」なんて場合は、こんなスタイルはいかがでしょう⁈ 焚き火の火を風から守ってくれるのも嬉しい。

 

KEYWORD 05は、次ページをチェック!

 

Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル