米軍御用達の戦闘服システム「ECWCS」とは、何か?

機能性に優れたレイヤリングシステムを採用。

米陸軍で研究開発された、エクワックスの第一世代が登場したのは、1985年のこと。

COLD WEATHER PARKA(1st)
衿元の織りネームが3つ付属し’85年製造という最初期の個体。一体型フードや細い前立て、斜めのポケットなどが特徴だ。LITE APPAREL社製。’85年、第一世代。¥16200

1970年代からアウトドア市場で絶大な支持を得ていたゴアテックスをアウターに採用し、フリースのミッドレイヤーや、吸汗速乾性に優れたベースレイヤーを設定するなど、アウトドアウエアのレイヤリングに着想を得て開発されたこのシステムは、陸軍の戦闘服におけるスタンダードとなった。

第三世代となる現在では、極端に寒冷な状況でも耐えられるよう、レベル1〜レベル7までのアイテムが用意され、それらの組み合せによりあらゆる環境に対応できるようになっている。

COLD WEATHER FLEECE JACKET
保温性に優れたサーマルプロに、伸縮性のあるパワードライグリッドを両脇にあしらったフリースジャケット。襟や肩、肘にはナイロン補強済み。’16年、第三世代。¥16200

記事頭の写真のレイヤリングは、時代などの設定も無視した極端な例で、実際には気温や天候、任務に応じて、最適なレベルのアイテムを選択的に組み合せて着用することになる。

エクワックスのひとつの特徴は、戦闘服でありながらアウトドアウエアのメーカーが開発・製造に関わっていること。だから民生品とほとんど変わらないアイテムも見ることができ、つまりはアウトドアウエアとして着ることもできるというわけ。

EXTREME COLD WEATHER PARKA
タグに表記は無いものの保温性中綿素材プリマロフトを採用したインサレーションパーカ。フードは収納式となる。TENNIER INDUSTRIES社製。’13年、第三世代。¥24624

当初陸軍のみで採用されていたエクワックスだが、後に海兵隊でも同システムが採用されるようになり、また空軍・海軍でも類似のアイテムが正式に採用されるようになった。そして特殊部隊用としては、さらに先鋭的なシステムとして、PCUというものが開発されており、こちらについては続編の記事でご紹介しよう。

軍用品として製造されるエクワックスの製品は、決して広く流通しているものではないが、そのマニアックさもまた魅力と言えるのではないだろうか。

 

次回の記事では、ECWCSのレベル1〜レベル7まで、各レベルごとに紐解いてご紹介していくので、乞うご期待!

 

  • Edit/Takatoshi Akutagawa(Thunderbird Design)
  • Photo/Hiroyuki Yamada Styling/Takahiro Nakajima

 

GO OUT vol.110には、この他にも防寒ウエアが盛りだくさん!

絶賛発売中のGO OUT vol.110には、ここで紹介した他にも、ミリタリーウエアをはじめ、ダウンにフリースなど、冬のコーディネートに欠かせないアウター・インナーが満載です!

気になったら下記販売サイトほか、全国の書店やコンビニで、お求めください。

OUTDOOR STYLE GO OUT vol.110 定価¥680

販売サイト

  • COLD WEATHER SYNTHETIC FLEECE SHIRT
第一世代のミッドレイヤーはパイル素材だったが、この第二世代ではじめてフリースが採用された。近年のものとはディテールに違いが見られる。PECK HAM社製。'03年。¥10584
  • EXTREME COLD/WET WEATHER TROUSERS
ゴアテックスの中でも軽量・薄さに特化したパックライト生地を採用したレインパンツ。このUCP迷彩は現場の兵士の間では不評だったようだ。 '07年、第三世代。¥9180
  • COLD WEATHER PARKA
3Cデザート、通称コーヒーステインと呼ばれる砂漠用迷彩のジャケット。前頁のものとは細部にも違いが見られる。TENNESSEE APPAREL社製。'05年、第一世代。¥19440
< 12
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル