夏の永久定番パタゴニア・バギーズショーツ。今季は海の生物がテーマの斬新カラーに注目!

今年もそろそろショーツが気になる季節。なかでも永久定番といえるPatagonia(パタゴニア)のバギーズショーツは今季も要チェックです。

こちらの記事でも紹介したように、水陸両用で使える機能性に加えてリサイクル素材を使ったエコな仕様、着回しやすいデザイン性など、文句の付け所のない名作ですが、バギーズといえば毎年登場する限定カラーも注目を集める要素のひとつ。

希少性故にカラーによっては古着市場で高値で取引されるほどの人気ぶりですが、今季はどんな限定カラーがラインナップしているのか、スタンダードな5インチモデルの新色をチェックしてみました。

2021年は、環境変化に影響される海に生きる動物たちがテーマ。

パタゴニアの21SSシーズナルグラフィックは、プラスチックゴミや化石燃料など人間の消費によって引き起こされる海洋の環境問題にフォーカスし、その影響を受ける生物たちをテーマにしたプリントやグラフィックが採用されています。

シュモクザメ、ガラパゴスゾウガメなど、ガラパゴス諸島に生息する動物たちが描かれた総柄モデル。エスニックなグラフィックパターンやカラーリングは南国ムード満点で夏コーデのアクセントとしても◎。メンズ・バギーズ・ショーツ5インチGAFB  ¥ 7150
こちらも同じくガラパゴス諸島で繁殖するアオアシカツオドリを全面に散りばめたユニークな総柄モデル。独特なタッチで描かれたプリントはカジュアルながら落ちいついた印象もあり、総柄とはいえ着回しが効きそうです。メンズ・バギーズ・ショーツ5インチBPPI  ¥7150
ネオンカラーのように明るいトーンの単色モデル。クラゲをモチーフにしたカラーで、淡いイエローがいまの気分。夏コーデの差し色として活躍しそう。メンズ・バギーズ・ショーツ5インチJELY  ¥7150

環境問題にフォーカスしつつ、ファッション的要素も忘れないパタゴニアらしさ満点の2021年の限定カラー。ユニークながらいずれも穿きやすい配色にまとめたバランス感覚は秀逸! 完売も予想されるため、気になったら本格的な夏がやって来る前にゲットしたいところ。


■パタゴニア https://www.patagonia.jp/product/ms-baggies-shorts-5-in/57021.html

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout