フォルクスワーゲン雪上試乗会に潜入! 外遊びの達人が体感した、雪上での実力。

GO OUT編集部

 

Table Of Contents : 目次

より汎用性の高いパサート・ヴァリアントでスノードライブ。

一通りティグアンで走り込んだあとは、パサート・ヴァリアントへとクルマをチェンジして一般道へ。こちらも4WDシステムを搭載しオフロード走行に対応する、オールトラックというグレードで、スノーモードやオフロードモードを選べるのもティグアンと同じ。

ただし、こちらはダイヤル操作ではなく、プッシュボタンでのセレクトとなっていました。

まずはスノーモードでスタート。一般道ということもあって無理はできませんが、やはりスノーモードでお手伝いされた状態での走行は安心感抜群で、何の不安もなく走ることができます。

それと今回試乗したティグアンとパサートはどちらもディーゼルエンジンを搭載しているのですが、車内ではまったくディーゼルらしい音もせず、スムースそのもの。

これはフォルクスワーゲンに限ったことではありませんが、最近のディーゼル車はホントよく出来てます。最近都内ではディーゼルのヨーロッパ車がよく走っていますが、たぶん皆さん何もストレスは感じていないはず。

僕が昔ゴルフの後に乗っていた日産のディーゼル四駆はとにかくうるさいし遅かった!なんてことを思い出しつつパサートは峠道の下り坂へ。

下り坂ではディセントアシストの出番。というわけでモードをオフロードへとチェンジ。ちなみにこの切り替えは液晶パネル上でも行えるのです。

しばらく坂を下っていると、前方に低速走行するダンプカー(除雪した雪を運んでました)が現れ、その後ろを粛々と追走していったのですが、こんなシチュエーションでもディセントアシストはとても便利でした。

凍結路の下り坂は、前に車両がいると緊張感が倍増するものですが、この機能を使えばリラックスして運転できることでしょう。

 

普通乗用車の感覚で乗れるパサートは雪道でも安心だった。

僕はずっとSUVばかりに乗っているのですが、パサートを運転して思ったのは、雪道ではこれくらいの車高の方が安心感があるってこと。悪路の走破性を高めるためベースグレードのパサートより約30mm車高が高くなっているオールトラックですが、それでもティグアンなどに比べれば全然乗用車感覚。

SUVは遠くが見渡せる一方、どうしても車両周りの死角が大きめになるので直前の路面が見えづらかったりするのですが、パサートのアイポイントだと近くまでよく見えるんです。これは霧や吹雪の時だと特に違いが大きいんじゃないかな、と思いました。

ティグアンに比べたらラゲッジスペースは狭いかなと思ったのですが、諸元表を見るとむしろパサート・ヴァリアントの方が広いんですね。リアシートのアレンジも多彩で長尺物を積むのも楽そうだし、いっそルーフボックスを積んでしまえば積載量は劇的に増える。

SUVでボックスを積むと公共駐車場では高さ制限に引っかかったりしますが、その心配もないし、ボックス無しならタワーパーキングでも大丈夫そう。この汎用性はかなり魅力的です。

それとこれはティグアンも同様なのですが、バックモニタが鮮明で見やすかったことも印象に残ったことのひとつ。

大雪の時などは周囲の状況が見づらくなりますが、これだけ見やすいモニタがあれば後退時もかなり安心。さらに今回試乗したアドバンスというグレードだとアラウンドビューモニタ(サラウンドアイという名称だそう)も付いていたので、これも雪の降り積もった駐車場などで威力を発揮しそう。

ただしカメラの雪の付着だけは注意する必要がありそうなので、これからは窓の雪落としよりもまずはカメラの掃除から、となりそうですね。

そんなわけで2台のフォルクスワーゲンで雪道を走り回ってきたわけですが、やはり最新のデバイスによる運転支援はすごい!と思い知らされました。

雪道の運転に慣れていない人ほど、こういったシステムによって授かる恩恵は大きいのではないかと思います。スノースポーツをする人もしない人も、良質な雪が多く降り積もることで世界的にも有名になった日本の雪景色を、安全運転で楽しんで頂きたいものです。

  • Text/Takatoshi Akugatagawa
  • Photo/Fumihiko Ikemoto

【Tiguan TDI 4MOTION Highline】

・車両寸法:全長4500×全幅1840×全高1675mm ホイールベース:2675mm
・車両重量:1730kg1760kg/電動パノラマスライディングルーフ装着車)
・総排気量:1968cc
・最大出力:110kW(150ps)/3500-4000rpm
・最大トルク:340Nm37.7kgm/1750-3000rpm
・燃料消費率:JC08モード17.2km/L
・乗車定員:5
・エンジン:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)ディーゼル
・トランスミッション:自動7段(前進)1段(後退)
・車両本体価格 4989000

 

【Passat Wagon Alltrack TDI 4MOTION Advance】

・車両寸法:全長4780×全幅1855×全高1535mm
・ホイールベース:2790mm
・車両重量:1680kg1700kg/電動パノラマスライディングルーフ装着車)
・総排気量:1968cc
・最大出力:140kW(190ps)/3500-4000rpm
・最大トルク:400Nm40.8kgm/1900-3300rpm
・燃料消費率:JC08モード17.3km/L
・乗車定員:5
・エンジン:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)ディーゼル
・トランスミッション:自動6段(前進)1段(後退)
・車両本体価格 5699000


▼その他のおすすめ雪上試乗記事▼
新型デリカD:5って、実際のところどうなの? 雪上で現行モデルと乗り比べ!
エクストレイル、リーフ、GT-Rまで!? 日産オールスターズを雪上で乗ってみたところ……。

 

< 12
Tags
GO OUT編集部